CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
終わりありそれゆえ今が輝いて [2020年03月18日(Wed)]

fumihouse-2020-03-18T19_12_30-1.jpg転勤が決まって考える。この部屋で会議するのはあと何回だろう。このロッカーを使うのもあと何回か、2週間後はもう新職場にいる・・・そんな感傷に浸りながら、仕事の詰めと引継ぎ資料作りに励む。出勤日は残すところ8日。今の仕事の終わりが近い。

では、わたしの日常はずっと続くのか? わたしの生活上の営みは無限に繰り返すことができるのか。そんなことはない。いずれ終わりが来る。何事にも終わりはある。仕事だけでなく、人との別れもある。自分の人生もいつかは終わる。

終わるから空しいとは思わない。何事も終わりがあるからこそ今が輝く。マンネリ化を嘆くことがあるかもしれない。努力が報われず下を向くことがあるかもしれない。だが、諦めなければ明かりは消えない。最後まで今この時は輝く。これは間違いない。

(菜の花は春に輝き、春を輝かせる)