CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年09月 | Main | 2013年11月»
<< 2013年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
台風が来るぞ来るなと列島に [2013年10月15日(Tue)]

__tn_20131015202043.jpgまたまたデカイ台風がやって来る。今度の26号は軽いシュート気味の軌道で東京方面を鋭くえぐり取るように襲ってくる。島根でも暴風や波浪警報が出ている。今夜から明日の通勤の時間帯は注意が必要だ。

このところ台風が幾度も日本列島を訪れる。親しげにやって来る。来るな来るな!と叫んでもやって来る。いやな奴等だ。いい加減にしろ。自然の摂理とはいえ、人間に厄災をもたらす悪い奴等だ。

何度も繰り返し出される注意報や警報。感覚がマヒしてしまいそうだ。無感覚になってはいけない。大したことにならなかったとしても、ああまたか、とやり過ごすのではなく、新鮮な気持ちで警戒したい。

戦後すぐの頃、大型台風が何千人といった人の命を奪い、何十万もの被災者を出した。台風そのものの巨大さもあってバラック建ての家が崩壊したこともあるが、警戒情報があらかじめ発せられなかったことが大きい。発したとしても、テレビはなくラジオがある家庭は少ない。デマが飛び正確な情報は伝わらない。

幸いに今は予報技術が格段に進歩した。それでも予報警報に従うか、まあ大丈夫と言って無視するかは、各個人に負うところが大きい。今夜から明日にかけて被害がないように、せめて少ないように願っている。

(写真は鏡の面のような日本海)