• もっと見る

«のど自慢不快な音に終了す | Main | 忘れても生きる毎日春陽気»
<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
もらい事故歩く人なら右側に [2024年02月12日(Mon)]

fumihouse-2024-02-12T21_53_56-1-thumbnail2.jpg歩道のない道路は右側を歩くようにしている。なぜなら左通行は危ないから。縁石で仕切られたり、段差のある歩道は、車の侵入を防いでくれるが(絶対ではない)、歩道のない道路で左側を歩くうちに後ろから当てられたら堪らない。右側であっても対向車が衝突してくるおそれはあるが、目で見えるだけに避けることもできる。しかし後ろには目がついていない。以前漫然と運転していた高齢者が通学中の小学生をなぎ倒す事故が報じられたが、優良ドライバーばかりではないことを考えると、右側がリスクが低い。

明日から春の暖かさがやって来る。陽気に誘われて気が緩む運転者も増えるだろう。花が咲き雲が多彩になって明るい日々となる。そんな平和であるべき日中に交通事故にあって泣きをみるよりは、何事もなく終わる一日を過ごしたい。

(大東・赤川の河川敷横にある河津桜がほんの数輪咲いていた。3月には満開を迎るだろう)
コメントする
コメント