CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«愛のあるアイメッセージなりありがとう | Main | 信ずるは我が身だけなら寂しかろ»
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
欠礼の寒中見舞いはいかがかな [2021年12月12日(Sun)]

fumihouse-2021-12-12T20_54_56-1-thumbnail2.jpg喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただいます
◯◯が□月■日に△歳で永眠いたしました
ここに本年中に賜りましたご厚情を深く感謝いたしますとともに
明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます

年賀欠礼のハガキが来ている。年ごとに増える気がする。わたしがその立場になったらどうしようかと考える。欠礼ハガキは出したくない。正月に年賀状が届かないなんて寂しいじゃあないか。場合によっては悲しみから一年近くも経過して喪中は明けている。となると、年が明けてしばらく経ったら、寒中見舞いの形で欠礼の理由を明らかにして新年のご挨拶をするのがよろしかろうと思っている。今そうした状況にないのは幸いではある。
コメントする
コメント