CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«人けなく待つ身は辛し暮れる秋 | Main | 言葉にはいろいろあって御免なさい»
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
握りあい脊髄反射かお返しか [2021年10月19日(Tue)]

fumihouse-2021-10-19T20_44_55-1-thumbnail2.jpg伯母の手を握る。熱い。体温は38℃を超えている。脈や呼吸のバイタルは安定しているようだ。耳元で話しかけてみた。寝息は聞こえているが反応はない。指をニギニギする。ピクッと薬指が動いた。おっ? 続いて中指と薬指の二本が握り返してきた。覚醒か? 違う、脊髄反射だそうだ。

よく叱られた。強烈なパンチのような怒声を浴びた。それ以上によく可愛がってもらった。母より5歳も年上だから、強い母のイメージがあった。長らく自分の母(わたしの祖母)を介護したが、口は減らない気丈な祖母とのやり取りは面白かった。その祖母が逝って四半世紀。伯母は老いた。

身体は大きい。もともと体力もある。まだ逝かないでほしい。さらに生き抜いてほしい。もちろん激動の昭和を生きて駆け回ってきたが、もっと長生きしてください。かつて会いに行くたびに、「ようこそようこそ」と歓待してくれた。穏やかで温かい眼差しであった。あの声音を思い出すと瞼が熱くなる。

(伯母さんは、つわぶき色の服を着ていたことがあるだろうか。はてさて全く記憶はない)
コメントする
コメント