CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«他人には幸を届けて幸もらう | Main | 感染よ宇宙のなかの一コマなり»
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
表現し誰かに見てもらおうよ [2021年09月25日(Sat)]

fumihouse-2021-09-25T13_39_52-1-thumbnail2.jpg書を絵画化し現代アートにまで昇華させた芸術家・紫舟さんがこう言っている(9月19日付け聖教新聞「スタートライン」)。≪表現者の先輩から教えられた、「表現者は人に見てもらうことでしか成長しない」との言葉を支えに、自身を鍛えました≫と。

なるほど、「人に見てもらう」か。文章を書く、詩歌を作る、デザイン画を描く、企画書を構成する、楽器を演奏する、パフォーマンスをする・・・あらゆるものは表現である。

一人称の立場から眺めるだけでは自己満足に終わる。自己満足でも悪いことはないのだが、表現の幅を広げ弱点を知るためには、二人称の立場の他人から批評をされ褒め称えられることが必要だ。そこから表現者はエネルギーを得る。ある時は天にも昇り、ある時は奈落に落ちる。確かに、何事かを表現しようとする者は他人に見られて成長する。秋は文化祭や運動会など見てもらう機会も多い。ガンバロウ。

(キクイモの花は、それなりに芸術的。黄が秋空に映える)
コメントする
コメント