CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«油断なくピークを下げて嬉しかろ | Main | 久しぶり語り合っては飲む時間»
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
名月や静かにものを思うころ [2021年09月22日(Wed)]

fumihouse-2021-09-22T08_28_37-1-thumbnail2.jpg日が落ちたと思うまもなく、闇が押し寄せてくる。秋の日は釣瓶落とし、と言うが、澄んだ空は混じりけがなくて乱反射が少ないのだろうか。日陰になるや否や、辺りは見えにくくなって陰陽の境目がくっきりする。

昨夜は中秋の名月。静かだ。虫の声が静寂をかきたてる。ほのかに風。空には薄い雲がなびいて、ときおり明月を覆っていった。

月はじっとして動かない。静かなようではあっても、38万キロの向こうで轟音を響かせるようにして高速で地球を公転し(空気はないから音はないが)、1日一回自転する。宇宙の神秘は静寂と喧騒のうちにある。

一転きょうは朝からしとしと雨。あしたは秋分の日。と思ううちに、ざあざあ本格的に降ってきた。
コメントする
コメント