CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«メダルにはいろんな色があるのだが | Main | 継続は忘れた頃に報われる»
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
演奏を真剣勝負で夕日向 [2021年08月28日(Sat)]

fumihouse-2021-08-28T21_17_15-1-thumbnail2.jpg老練な演奏あり、エネルギッシュな演奏あり、かわいらしい演奏あり、緊張して縮こまった演奏あり、ギターの強さと甘さを存分に引き出した演奏あり・・・きょうは安来にあるアルテピア中ホールにおいて山陽、京阪神、四国からも参加者を加えて数十名が演奏された。山陰ギターコンクールのジュニア、シニア、シルバーの各部門が行われたのである。わたしの役割は演奏者の誘導役。合間にモニターから流れる演奏に耳を傾け、舞台の袖で出演者に目を凝らした。

緊急事態宣言が頻発するコロナ禍にあって各地から出場者が集まって大丈夫か? と心配するなかれ。確かに急遽出場を取り止めた方もいる。しかし、舞台は広い。控室、練習室での間隔は十分だ。密ではなく疎である。客席も演奏を終えた人と同行者のみ。一般の客はほとんどいない。クラシックギターの裾野が広くないことの証拠である。ギターの音、音楽には魅力があることに間違いはない。だが、演奏しようとする者が少ないのは実に残念だ。

明日は中級、上級、プロフェッショナル部門の演奏がある。コンクールだから優劣がつく。残念な演奏に歯噛みをする人もいれば、自信満々で最後の消音を終えた人もいるだろう。どんな演奏が聞けるのか楽しみだ。きょうは新しい縁を結ぶこともできた。あしたはどんな1日になるだろう。

(ゲンノショウコも皆の演奏に耳を傾けているかもしれないぞ)
コメントする
コメント