CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«生産性落とすの簡単ひと困り | Main | 全身の運動前にストレッチ»
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
詩があってふと見渡せば詩は満ちて [2021年06月13日(Sun)]

fumihouse-2021-06-13T22_05_03-1-thumbnail2.jpgこの世は詩に満ちている。詩とは何か。簡潔な言葉で表現したものやこと、こころである。短歌、俳句、川柳、漢詩、自由詩、楽曲の歌詞などいろいろ。表される情景であれ、心情であれ、よい詩歌は人を豊かにし、ビジョンを示し、ほっとさせてくれて、生きるよすがとなる。人間の目を通して描くからには、そこに精神性が表れ出て文学となる。単なる記号としての言語を超えていく。韻文となってリズムを刻めば、心にも刻まれる。メロディとともに気持ちを鼓舞する。間をとって朗読すれば、想像の翼が広がる。

詩のない楽曲はどうなのか。これもまた詩である。音色や楽器の種別で詩心が表現される。その詩に励まされ、人はエネルギーに満ちていく。この世は詩に満ちている。

(詩心に満ちた?赤詰め草)
コメントする
コメント