CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«サーバント下に上にと忙しい | Main | 上着着て通勤電車にバスの旅»
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
陣取りに負けじ魂子の心 [2021年06月09日(Wed)]

fumihouse-2021-06-09T16_43_50-1-thumbnail2.jpg子どもの頃やった陣取りゲームがある。土の広場(たいていは誰かの家の庭)に目一杯に四角を書く。角にそれぞれが基礎陣地をつくる。角に親指を置いて小指を広げて弧を描く。手の大きな上級生が有利だった。

小さめの石を弧内に置いて順に弾く。3回で自陣に戻すと直線で結んで陣地が広がる。失敗すると次の順番を待つ。最初はちびちびと慎重に弾く。陣が広がるうちに第1投を思いきって打てる。ただし四角い境界をはみ出して外へ出たり、相手陣に飛び込むと無効となる。

境界と自陣が広げた指で届くようになればしめたもの。線を引いて狭いほうの空間は陣に組み込むことができる。あれよというまにゲームの終局は近い。

上級生相手が多かったから大抵は負けた。ときには勝った。負けじ魂でもって人差し指で石を弾く練習をしたり、良い石を拾い集めたおかげで、たまに勝てたのが懐かしい。

(スプレー菊の同心円のように、陣取りは広がっていかない)
コメントする
コメント