CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ものがなく心も亡くしてんやわや | Main | 宇宙にて星の人なり成果あれ»
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
くうを切りそらからうつろ仮姿 [2021年04月24日(Sat)]

fumihouse-2021-04-24T08_11_43-1-thumbnail2.jpg【空あり】
大都会では空が見えない。だから高層ビルに上って青空を存分に眺めよう、という意味ではない。「空きあり」である。駐車場に空きがありますよ、どうぞ借りてくださいね、と小さな駐車場の主がアピールしている。乗用車にして6、7台が入る程度、狭くて砂利を敷いた駐車場である。家一軒分、おそらく主がいなくなった古い家を取り壊して造成したものであろう。

【空】とは、「くう」なり、「うつろ」なり。何もないように見えても、かつては家族の団欒があったにちがいない。大空のもと当たり前だと思っていた家族のつながりが、やがて空を切るようになって、空をつかむように実体が失くなっていく。すべてのものごとは永遠ではなく仮の姿であることを忘れてはならない。今を大事にしよう。

(かつてはこの家の狭い庭にも、こんな隠岐シャクナゲが咲いていたかもしれないな)
コメントする
コメント