CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«新品は嬉しきモノよ大事にせい | Main | ゴンザレス心に届く至芸なり»
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
トップから時代は変わる天の声 [2021年04月10日(Sat)]

fumihouse-2021-04-10T19_42_24-1-thumbnail2.jpg県職員をしている頃、【天の声】とはトップである知事からの指示であった。常日頃、幹部職員と一部のエリート職員のみが接するお偉いさんが知事であり、一般職員にとってテレビでしか目にすることのない高嶺の存在であった。いざ知事から指示が下ると最優先事項として扱われた。

中央政府(国の機関)からの通知も天の声であった。地方政府(法律では地方公共団体)とは名ばかりで、国の委任事務に縛られ、財政上も3割自治と言われて国の言いなりの存在。中央省庁の職員からあれやって、これはいつまでに!と依頼されると、事実上の命令として無視できないお家事情があった。天の声である。

逆らいがたい指示であった天の声。今や時代は変わった。別の声が主流となったと言えよう。コンプライアンス全盛。法令遵守、元の意味をはるかに超えて批判されないように予め布石を打っておく。苦情がクレイマー化しないように障害を取り除いておく。ジェンダーやセクシャリティー、各種差別への配慮のなさを指摘されないように、注意を怠らないことが不可欠とされる。

SNSも含めて人々が周りに悪評判を広げないように、炎上しないようにどう収拾するか。これらが天の声として多くの組織を縛るようになってきた。良いこともあれば、自由な動きを制約する場合もある。天の声は変わりつつある。

(天の声の化身かのようなハナミズキ(なわけはない)。なぜ花水木? 水曜か木曜日に咲くから? なわけない)
コメントする
コメント