CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«満開へ桃色小山が異質なり | Main | 先駆けて模様替えなりNHK»
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
めくるめく景色は代わる桜咲く [2021年03月28日(Sun)]

fumihouse-2021-03-28T11_02_28-1-thumbnail2.jpg【めくるめく】
この言葉を「めくる・めく」と区切って読んでいた。ページをめくるようにして、めくってもめくっても楽しみが尽きない印象からだ。恋人同士が水入らずで過ごす楽しい時間、終わってほしくないこの瞬間を表現するのにもぴったりである。

ところが、「め・くるめく」なのだそうだ。とんと知らなかった。目が眩く(くるめく)。眩くとは、目がくらむこと、めまいがすること。目眩く心地がするとは、目の前の現実が自分にとって信じられないほど、溺れてしまいそうなほど、快楽である状態を意味するわけだ。

何かの展開が刻々と動き、極めてせわしい状態も眩めくというが、目が回るほどの忙しさであっても一時のこと。じっと耐えて落ち着くのを待とう。さすれば、めくるめく至福を噛みしめるときも来るというものさ。

(2日ほどめくるめく日差しが暖かい日が続き、桜は喜んでいる。人に観てもらう快楽に身を委ねる)
コメントする
コメント