CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«マンネリか賀状交換生きてるしるし | Main | 人生は楽だ楽しい追い求め»
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
ふっくらと福来雀が跳び行かむ [2021年01月13日(Wed)]

fumihouse-2021-01-13T13_11_42-1-thumbnail2.jpgふくら雀が雪の上を跳ねている。寒い冬なのに丸々太っているかと思いきや、さにあらず。膨らんでいるから、ふくら雀。寒さ対策なのだそうだ。全身の羽毛をふくらませて空気の層で体を暖める。

女性には常識のようだが、わたしは知らなかった帯の結び方、ふくら雀。袋帯で両側に角を出し二枚扇にした結んだもの。振り袖に使う若い女性向けの帯結びだそうだ。

縁起の良さから福良雀とか、福来雀と字を当てることもある。雀は稲が熟した頃に米を食い荒らす害鳥だが、害虫を食べるので益鳥でもある。さらに厄をついばむとも言われる。

雪に乗る雀をよく見ると、ボサボサした膨らみが寝癖のようで可愛らしい。顔の中でも真ん中下に目があり、赤ちゃんのような童顔がまた可愛い。食べ物が乏しい冬季。彼らも必死に生き延びようとしている。可愛らしいのは人間から見ての話でしかない。

(ふくら雀の姿は凍った池にも見えた)
コメントする
コメント