CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«広げたし知恵の地平が開けゆく | Main | 屑と葛捨てる物でも口に入れ»
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
三国志おちゃらけさいさい大昔 [2021年01月06日(Wed)]

fumihouse-2021-01-06T22_32_08-1-thumbnail2.jpg映画「おちゃらけ・三國志」を12月半ばに楽しんだ。いや違った。『新解釈・三國志』だった。

べらんめえ調でギャグ満載、史実には沿っていたものの、おちゃらけた映画に怒った歴史ファンも多かっただろう。わたしはというと、前半はケラケラ笑ってはいたが、後半は飽きて眠る時間もあった。主演大泉洋(劉備玄徳役)のおちゃらけのアクが強すぎたせいだろうか。それとも義兄弟の関羽、張飛に魅力がなかったせいだろうか。桃園の誓いから赤壁の戦いまでをなぞる必要があってか、エピソードが中途半端だったからだろうか。

新解釈ではない。遊びまくるお楽しみ映画。これもこれでよい。映画はエンターテイメントなのだから。橋本環奈演ずる諸葛孔明(ムロツヨシ)の妻が面白い。孔明は叡智に優れてはいない。ハッタリは効かせても知恵はない。全ては妻の智謀を元に演じただけだと。そんなウソっぱちに、大いに笑えた映画であった。

江南随一の美女小喬が山本美月かぁ。彼女も美人だがイメージが違うなぁ。群雄から抜け出た董卓(佐藤次朗)を腑抜けにする美女貂蟬を渡辺直美が演じた。ダンスが楽しい。あの腰の動きすごいなぁ。などと、映画の楽しみ方はいろいろあるもんだ。

(この斑入り(ふいり)のツワブキがいい。黄色い太陽を透けて見せてくれるように輝いている。三國志とは何の関係もない)
コメントする
コメント