CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«暮れていくあと三日で新年か | Main | 雪面をサクッと歩け子供の心»
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
年の暮れ寒波襲来ときを待つ [2020年12月30日(Wed)]

fumihouse-2020-12-30T08_43_26-1-thumbnail2.jpg今夜から二度目の雪景色となりそうだ。今は暖かいが午後から大寒波襲来。大晦日の朝寒くて目が覚めるのかもしれない。雪明かりで真っ暗な中にも白んだ朝を迎えることになりそうだ。

年始の客は来ない。年始に行くこともない。映画館で恒例の元旦映画を観る程度になることだろう(大雪となれば外出不能)。そしてテレビ漬け、ギター漬け、少し読書と少し家事の年始となることだろう。

ともあれ先々週の大雪では、雪国の人ですら困ったどか雪が降った。今回は少しは穏やかに降ってほしいと思いつつ、予報は数年に一度の大寒気。ドカンと降られると身動きすらままならない。

今年も残すところあと2日。コロナ禍も交えて意義ある年が過ぎた、と大晦日の夜を迎えたい。

(きのうまでの空。風ひとつない穏やかさ。昨夜から雨。やがて雪)
コメントする
コメント