CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«目くじら立てたら鯨がやってきた | Main | 熱中し光陰の如く過ぎにけり»
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
人生を賭けて何事成し遂げて [2020年12月11日(Fri)]

fumihouse-2020-12-11T20_54_27-1-thumbnail2.jpg人生を賭けて○○に取り組む、というフレーズを朝のニュースの特集で耳にした。「賭ける」ってなんだろう。

勝負事の世界はもちろんだが、勝った者、当たった者はゴッソリ取っていく。負ければ金品を巻き上げられ、大切なものを失う。一か八かの大勝負に取り組んでいるということだ。人生のうちに○○が占める位置は大きい。なかなか出来ないことのように思える。

でも、考えてみていただきたい。誰だって膨大な時間を何事かに費やす。趣味を10年続ければ、1日1時間で3650時間。1日8時間働けば週休二日10年で2万時間。恋人同士で週一5時間デートすれば2年で甘く520時間。一日1時間読書すれば年間で百冊は軽い。

それだけ時間を「掛ける」ということは、意識するしないにかかわらず、人生を賭けることにほかならないと思う。

人生とは時間である。人生は何十年かの時間でのみ構成されており、時間以外にない。努力を続けても何十年、無為に過ごしても何十年。人生は終わり行く。人生とは「駆ける」間にあれよと過ぎていく。人と人とを「架ける」橋になっていくのも素敵なことだ。

ただし、必要なものが抜け、努力が足りない状態は好ましくない。為すべきことをせず、おろそかになると人生は「欠ける」ので御用心。
コメントする
コメント