CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«セーハして力を入れず球を曲げ | Main | 資料読み会議発言ヒトそれぞれ»
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
新コロナ未知なる存在怖いもの [2020年11月27日(Fri)]

fumihouse-2020-11-27T19_56_29-1-thumbnail2.jpgきょう27日、北海道内では新たな感染者が252人。東京でも570人。過去最多だという。新コロナの感染が全国では2500人超え。感染拡大第3波は止まることを知らない。感染者は通算で14万人、死亡者も2千人を超えた。歳末をひかえて勝負の週末、封じ込めるべき3週間が始まった。

私たちは見えない敵に今おののいているが、昨年までインフルエンザで亡くなる方が年間2万人もいたというのに、たいして話題にも上らなかった。予防接種を誰もが受けていたわけではない。わたしもそうだった(今年は受けた(^o^)/)。2万人と2千人。桁違いではないか。去年まで恐れもしなかったのに今年は戦々恐々。なんとアンバランスなことか。

インフルエンザにはワクチンがあり、治療薬もある。その安心感もあるが、新コロナが未知のウイルスでどう変異していくかもわからない、得体の知れない存在であることは大きい。それでも闇のベールは徐々にはがれてきた。ワクチンも出来た模様。経済活動、日常行動も回復させならがら、新コロナを封じ込めなければならない。

(柚子は酸っぱい。柚子のトゲは長くて刺さるとケガをする。しかしその酸っぱさや痛さを私たちはわかっているから怖くない)
コメントする
コメント