CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«日常は立って歩いて血栓防止 | Main | 停止されドキッとしたらどうなさる»
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
重なってノリノリになり側坐核 [2020年11月23日(Mon)]

fumihouse-2020-11-23T23_43_28-1-thumbnail2.jpgやる気が出ない。誰もが日常的に経験することだ。やる気に関わるのが大脳辺縁系にある「側坐核」という小さな器官。側坐核を働かせ、モチベーションを高めるには刺激が必要である。刺激とは何か。行動である。

つまり、行動をすると側坐核が刺激を受け、やる気が生じる。「まず始める」ことが大事なのである。矛盾するようではあるが、ともかく始める、やってみるしかない。始めてみれば慣性が働いていく。そうすればだんだんと集中してノッてくる。明日も、まず着手することから始めよう。

(銀杏の落ち葉が重なっている。下の葉に上へ上へと重なりあっていく。重なることをノッてくると言う)
コメントする
コメント