CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«新聞は便利至極に厄介な | Main | 忘年は違う手段でやりたいね»
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
マスク取り顔を見たならえっ!となり [2020年11月20日(Fri)]

fumihouse-2020-11-20T06_59_40-1-thumbnail2.jpgマスクに隠された口元と鼻、アゴ。残された目と額、髪、体型といったパーツから何となくその人の容貌をイメージしている・・・マスクで初対面の人が増えた昨今、そんなことがばかりだが、ふとその人がマスクを外したときに、えっ!と思うことがある。水を飲んだり、ずれたマスクを付け直す際に顔を見ることになるのだが、そのときにえっ!なのである。

想像と違う。この人こんな顔なんだ!と意外に思う。しげしげと、失礼にならないよう目を会わさないように気をつけるが、昨日も数回そんな体験をした。見知った人であっても、思いがけず髭を生やしていたりすると、えっ!なのであるが、マスクのせいで他人の顔を認識する一連の過程が異なるようになった。

(マスクを常時掛けるということは、ひとの顔を色ガラスにかざして見ることに似ている)
コメントする
コメント