CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«酔うしずる甘美器に宵が更け | Main | 灯を消して目を休めてはまた使う»
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
人間は一番が好きこれ常識 [2020年11月01日(Sun)]

fumihouse-2020-11-01T08_46_20-1-thumbnail2.jpgトップギタリスト村治佳織をはじめ多くの奏者を幼少期からの英才教育で育んできた、村治昇氏がこう述べている。

≪なぜ、芸術、スポーツを問わず多くのコンサートや大会があるのでしょう。それは一言で言うならば「一番になりたい」という気持ちが人間の持つ本質の中にあり、その気持ちがあるからこそ、さまざまな分野が現在あるような形にまで発展してきた大きな原動力の一つになっているからなのでしょう≫ (『先生!どんなふうに育てているの?/子どもの夢の叶え方』2006年)

順位のつかない競技はない。肉体をぶつけ、球やシャトルで相手を射て、隣のレーンのライバルに激しい闘志をぶちまかす。闘争の行く末は「一番になりたい」である。一番になれないならば、せめて順位を上げて自分の実力を示したい。スポーツだけでなく、音楽、学問、技術、経済、政治もすべてが、人間の本能によって成長を遂げている。

自分で楽しむだけだから、という人もいる。でも「上手だね」「そんなあなたが好き!」なんて誉められれば俄然元気が出る。それもまた「発展の原動力」と言えるのではないだろうか。適度な競争は絶対に必要なことである。

(花は競争しないのだろうか。すると思うなぁ。誰が一番綺麗かって)
コメントする
コメント