CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«日常に漢字の真価どこにある | Main | やったことわかったことを振り返り»
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
でェすゥまッすゥと語尾を変えたらいかがかな [2020年09月22日(Tue)]

fumihouse-2020-09-22T09_46_59-1-thumbnail2.jpg昨年あたりから気になる語尾がある。「・・です」「・・ます」に違和感があるのだ。〔で〕や〔ま〕を強く発音し、〔す〕に向かって力を抜く。表記すれば、「でェすゥ」「まッすゥ」という感じになる。

同類の言い方で、「・・であり、・・」と連用形でつなげていく場合、「あァりィ」の両音とも強める発音をしているようだ。

ふつうの会話で使われない。会議や朝礼などオフィシャルであらたまった感じでしゃべる場での話ぶりである。

一昔前は語尾を上げるイントネーションが流行った。体言止めでも上げる。謙譲の面持ちと自信なさげな言いぶりで、相手に受け入れやすい雰囲気を出したいという意図が感じられた。

島根県の児童相談所と関係する職場の職員から発せられるのを発見したので、児相由来の発音だと思っていた。しかし、わかたけ学園改築工事の説明会で建設事業者が話をされて、うち一人がその語法を使っていた。テレビでもどこかの地方の誰かが使っており驚いた。すでに全国区? どなたか、この言葉使い、気になりませんか。そんなことどうでもいいですか? わたしには、気になりまッすゥ。
コメントする
コメント