CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«演奏し心は健康うれしやな | Main | 含羞の憂いを含んだ葉が閉じて»
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
缶を蹴りクルマ轢かせるガキがいた [2020年08月16日(Sun)]

fumihouse-2020-08-16T08_11_08-1-thumbnail2.jpg小学校高学年のころ、下校中に友達と缶を蹴って遊んだ。ただ蹴るだけでは面白くない。クルマにひかせてペチャンコにしようと企んだ。

通りでクルマを待った。タイミングを見計らって道路脇からポンと蹴り出す。上手いこといくと、タイヤに轢かれて薄っぺらい缶の残骸となった。ある時、クルマが急停止してオジサンが駆けてきた。危ないだろ、飛び出しちゃ、と叱られた。誰かが飛び出したように見えたのだろうか。反論はせず、黙って頭を下げた。オジサンが立ち去った後、二人で顔を見合わせた。以来、この遊びは封印した。

運転する立場となって思えば、とんでもないガキである。脇に子供が立っている、何か知らないがクルマに向かって蹴った・・・缶ガラだとわかっていても、小言をかましてやりたくなるぞ。このガキ野郎(>_<)
コメントする
コメント