CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«鞘に382収めて憎み293コロナを酷く659なる前に | Main | 特別の夏の始まり7月21日»
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
灼熱の夏の到来冬懐かし [2020年07月20日(Mon)]

fumihouse-2020-07-20T17_54_35-1-thumbnail2.jpg国道9号線に【凍結注意】の看板がある。暑いこの時季に場違いだが、半年もしないうちに危機の時はやってくる。寒い、さらに凍る。普通の道路はよほどの寒気団が来ないなら何てことはない。凍ることはめったにない。

が、橋がある。寒風が橋面の上下から吹き付けて思いがけなく凍る。飛行場の滑走路ほどの道幅なら何てことはない。しかし道路は狭い。ハンドルを取られて制御不能。対向車があれば地獄まっ逆さま。そんな環境を今は想像すらできない。

さて、今日の松江の最高気温の予想は34℃だったが、そのとおり灼熱、そして梅雨明けはない湿りっ気たっぷりの一日だった。冬の寒さが懐かしい。無論、冬になると、夏を恋しく思うのだが。
コメントする
コメント