CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«夏が来たすなわち?の熱いやつ | Main | 七月に潮目を見つついざ半年»
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
若草に人を重ねて育ちゆく [2020年06月30日(Tue)]

20200627_182128.jpg『若草物語』は19世紀半ばにオルコットが著した自伝小説である。アメリカ北部の中流家庭・マーチ家の四人姉妹メグ、ジョー、ベス、エイミーを描いている。映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』を楽しんだ。

女の幸せは結婚。夫次第で幸不幸が決まるという価値観に反旗をひるがえしたジョー(もっとも彼女も結婚したが自立の道を歩んだ)。結婚にはロマンがあり、現実も厳然としている。羽ばたきたかったジョー。長女メグも愛する人と家庭をつくりたいと望んで清貧生活に甘んじたが、女の自立を諦めていたはずはない。他の姉妹もジョーに同意するだろう。

隣家のローリーも個性的だ。単なる金持ちのボンボン孫ではない。活動的で献身的、努力を惜しまない。四姉妹との交流を楽しみ、自らの精神性も高めていく。やがてエイミーと結婚するのも、むべなるかな。

若草物語を読んだことはない。1世紀半も前の小説である。プロットは映画を見ればわかったし、現代の小説に比べれば、読み続けさせて読者を唸らせるテクニックはないかもしれないが、俄然読みたくなってきた。
コメントする
コメント