CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«マナー超え巨大になったマスクかな | Main | 死んでみて初めてわかる父の愛»
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
日々助け助けられての毎度なり [2020年06月23日(Tue)]

20200607_083408_compress36.jpgわたしは17歳から眼鏡の助けを受けるようになった。近視に加えやがて乱視も矯正し、日常これなしではやっていけない。初めて眼鏡を掛けたときの感動は今でも憶えている。視界に入るすべてがくっきりと明るく見えることの驚き。

薬の助けも受けている。10年前から湿疹が時折出て数時間は痒い。アレルゲンは不明だが、植物由来ではないかと考えている。そこで飲むのがザイザル5r錠。

道具類や薬、モノだけではない。家族や職場、よく行く店、道行くクルマに至るまで、わたしはいつも人に助けられて生きている。もちろん助けることもあるが、お互いさまのことだ。毎日は助け・助けられてで出来ている。

(今夜の食卓にはキュウリがあった。わたしはキュウリにも助けられている)
コメントする
コメント