CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«セゴビアと入力作業を楽しんで | Main | 日々助け助けられての毎度なり»
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
マナー超え巨大になったマスクかな [2020年06月22日(Mon)]

20200620_151551_compress81.jpgマスクをすることは、マナー以上のものになった。新聞投稿を読んでなるほどと思う。

朝慌てて家を出ると ≪何か物足りない。「あ!マスクしていない」と気付いた。気付いてからの心もとなさと言ったら、スカートをはき忘れたような、なんならパンツをはき忘れたくらいの気持ちになった。行き交う人は皆マスクをしているし、していないと恥ずかしく感じてしまう≫ (6月19日付け山陰中央新報「女子ログ」)

わたしも床屋に入ろうとして、マスクを着用して!という表示に動揺したことがある。車中に置きマスクがあったので着けた。映画館や美術館でもそうだが、長い滞在が必要な施設では義務化されたと言ってよい。

≪暑くなるにつれて「涼しい」マスクが求められている。肌触りがサラッとしていて通気性がよいらしい。あれ? 本来のマスクの機能が薄れていっているではないか。ウイルスを防ぐことよりマスクをすること自体が目的になっていないかしら≫(前出「女子ログ」)

そのとおりだと思う。形さえ整えておけば、実質が伴わなくてもオッケー!という世界は形式主義そのものだ。

きょうは暑かった。初めて立体型のマスクを着けた。以前はカモノハシみたいで違和感があったが、今は当たり前。不織布のプリーツ型しか経験がなかったのだが、思いがけず鼻と口周辺に余裕ができて楽だった。でも暑くなる。形式だけでいいなら、ガーゼ一枚のスカスカのものを着けたいと思った。

(金糸梅も街路に盛り。美女柳に似ている。爽やかな黄のマスクなんぞいかが?)
コメントする
コメント