CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«色褪せて埃まみれて負けまいと | Main | 蔓延し暦を転じた新コロナ»
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
身体が意識を変える人変わる [2020年05月22日(Fri)]

fumihouse-2020-05-22T21_06_39-1.jpg≪身体が意識を変える
 悪い習慣も身体が変えてくれる≫

フランスの哲学者、メルロ=ポンティの言葉だそうです。気が乗らない、動くのが億劫だ、やろうと思っても出来ない・・・。そんなことはよくあるものです。苦手意識がある、失敗した経験がある、ほかの人が上手にやるのを見た・・・。

ポンティは言っています。気乗りのしない意識を変えるのは身体であると。思い切って、ちょびっとでいいからやってみる。着手して身体が動けば意識も変わる、と。

ゲーテも言いました。
≪今日手をつけないものが明日仕上がったためしはなし。一日だに無駄にできない。できることから決心をつけ、勇気を出してむんずと掴まえる≫ (ファウスト第1部)

さあ、明日からやってみますか。いや、明日では遅い、今からですよ。

(唐撫子も身体性を持つのかも。ピンクに身体を染めて、見て見て!と主張する)
コメントする
コメント