CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«負けないは勝つことの異名諦めず | Main | 色褪せて埃まみれて負けまいと»
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
濃厚なフェロモン満載シイの木よ [2020年05月20日(Wed)]

fumihouse-2020-05-20T21_06_38-1.jpg初夏の匂いが降ってきた。どこからか渡ってくる濃厚な匂い。新生の木の薫り。シイの木の花が咲いた。スダジイやマテバシイ、ブナ科の樹木の花である。数週間遅れて栗の花が咲いて似た匂いを発する。

樹冠を広く覆う萌黄色の輝き。あちこちで第二の新緑とも言うべき淡いクリーム色が目立つ。そこから発信されるフェロモン満載、初夏の匂い。離れた場所にあっても風に乗って運ばれる。人によっては臭いと嫌うが、私はまんざらでもない。風のない夜の闇にどこからとなく来た匂いが充満していると、夏への移り変わりを感じる。

とはいえ、今日は再び冷えた。明日も冷える。風邪をひかないようにいたしましょう。

(紅ウツギもまた初夏の花)
コメントする
コメント