CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«人間は世界覇者だが天地無用 | Main | 有事にて戦い尽くせや公務員»
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
春が来て早くも一部は秋が来る [2020年05月02日(Sat)]

fumihouse-2020-05-02T12_46_45-1.jpg竹秋の季節だ。麦秋でもある。薫風薫る春にもかかわらず、秋とはこれいかに。

竹の葉が枯れてハラハラと落ち始め、新緑が濃くなる一方で竹林は異相となって茶化していく。山の色彩が対比的に美しい、生命力に満ちた季節だ。大麦が実って畑作地は茶に染まる。田んぼは水面が光って青空を映す鏡面になる。広い農地が最も美しい季節だ。

季節は移りゆく。世も動いていく。人間模様も変わる。もちろんウイルスと人間の位置関係も刻々と変わっていくはずだ。

(麦秋は進む。来週あたりから刈り取りが始まるだろう)
コメントする
コメント