CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«垂れたりサクラの桃色春の際 | Main | 巣作りに励むつがいがクチュクチュと»
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
肉汁が緊急事態のシジミなり [2020年04月17日(Fri)]

fumihouse-2020-04-17T21_45_48-1.jpg我が家でシジミ。久しぶりの蜆汁。Lサイズの大きい宍道湖しじみ。こんな大きなやつに近頃お目にかかったことがない。肉は厚く、噛むとじわっと肉汁が出てくる。お目にかからないのは、もちろん買わないからなのだが、大きなのは旅館や飲食業に優先して流通していく。ところがコロナショック。観光客はおらず、集団での会食は避けるよう望まれる昨今、シジミの需要も少ないと見える。だから我が家の食卓に黒々した大きなシジミが上ったことになるのだろう。きょうは緊急事態宣言が全国に拡大された。次々と新しい局面で非常事態は進行していく。

(シジミではない。桜吹雪舞い散るあとの水面は淡いピンクに染まる。大きさが今夜食べたLサイズの蜆くらいだな)
コメントする
コメント