CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«陽光に馬の足形輝いて | Main | 肉汁が緊急事態のシジミなり»
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
垂れたりサクラの桃色春の際 [2020年04月16日(Thu)]

fumihouse-2020-04-16T21_12_59-1.jpgシダレザクラの色が麗しい。何色と言ったらいいのだろうか。

[薄桜]というには淡すぎる。[虹色]ほど赤みがかっていない。[紅梅色]にするとなかなかいいじゃないか。[薄紅]だと紅系統が強なくなって遠くなる。[桃色]かなあ。[薄紅梅]と呼んでも悪くない。うん、[淡紅藤]もよろしいようで。それとも、[薄紅梅]か? けっきょく、[桃花色]がよさそうに思う。

ソメイヨシノと同様に、シダレザクラもまた、青空に映える。桜の花は春の陽光のもと、暖かい戸外で楽しむのに相応しい。
コメントする
コメント