CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«待つ時と作る時とが転じるや | Main | 終わりありそれゆえ今が輝いて»
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
こだまです響く心はこだまです [2020年03月17日(Tue)]

fumihouse-2020-03-17T19_27_21-1.jpg金子みすゞは歌いました(『こだまでしょうか』)。

 「遊ぼう」っていうと
 「遊ぼう」っていう。
 「馬鹿」っていうと
 「馬鹿」っていう。
 「もう遊ばない」っていうと
 「遊ばない」っていう。
  そうして、あとで
  さみしくなって、
 「ごめんね」っていうと
 「ごめんね」っていう。
  こだまでしょうか、
  いいえ、誰でも。

こだまは、樹木に宿る霊や木の精が呼び合うから木霊、あるいは木魂。山や谷、人里離れた場所で開放的になって思わず叫ぶ。おーい、ヤッホー・・・。反響は自分の声ではなく、精霊が返してくれたリフレイン。残響たっぷり山彦くんのお出ましです。

こだまは【子霊】。子どもたちの声を聴いていますか?
こだまは【粉霊】。粉粒のように小さくても心の声を聴きましょう。
こだまは【戸霊】。戸を隔てていても中の人のことを想像できますか?
こだまは【呼霊】。あなた呼ばれてますよ。気がつかないんですか?

寄り添うことは、こだますること。かけがえのない人を美しい珠(宝石)のように大切にしたいですね。まずは言葉を繰り返してみましょうよ。

(白木蓮が咲いてます。白い焔のように連なります。これも木霊の仕業でしょうか)
コメントする
コメント