CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«朗らかに良天喜び雲雀鳴く | Main | クリアにはアイディア出ない疲れた日»
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
幸せに乗り越え楽しみ家族あり [2019年05月21日(Tue)]

fumihouse-2019-05-21T19_13_44-1-thumbnail2.jpg夕暮れ時のマジックアワー。駅のコンコース、ショッピング通りに見えた家族。幸せそうである(知り合いの親父さんに声をかけてはじめて、家族であることがわかった)。列車の時間が迫っていたのでほんの二言三言を交わしただけだが、学生の息子さんは誠実そうで、奥さんは笑顔がステキだった(その横は娘さんだろうが確かめ損ねた)。これから外食で夕飯を共にすると見えた。

家族の肖像がここにある。どの家族だって順風満帆というわけにはいかない。悪戦苦闘の毎日だ。艱難辛苦とまではいかないだろうが、思うにまかせぬ軋轢もあろう。しかしあの家族は苦難も楽しみに替えて、共同生活を乗り越えてきたに違いない。そんな横顔に見えた。さあ、わたしも家族のもとに帰るぞ。

(昼咲月見草が盛りを迎えた。別名は昼咲桃色月見草。淡い桃色の筋と黄色のグラデーションが何ともよろしい)
コメントする
コメント