CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«サンズイを零に掛けたらどうなるの | Main | ヨロシクと四苦と八苦で路をいく»
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
あめつちの日本の起源古事記より [2018年07月03日(Tue)]

fumihouse-2018-07-03T18_34_03-1-thumbnail2.jpgJR西日本が導入した新型観光列車「天地」。「あめつち」と読む。鳥取駅と出雲市駅間を一日一往復する。山陰は自然豊かなところに加えて神話や酒、歌舞伎、相撲といった日本文化のルーツとなった原風景の持ち味もある。名付けてネイティブ・ジャパニーズ。「古くて新しい日本の発見の旅を演出」するのだそうだ。

土日プラス月曜日の運行で朝9時に鳥取駅を発って、のんびりと4時間近くかけて出雲市に到着する。帰りも午後2時前の出雲市駅発で、ゆっくりと鳥取に向かう。主な停車駅ではイベントが催されることだろう。

2両編成で定員は59名、料金は片道4540円で、天地御膳2500円とスイーツセット2000円を加えたらそこそこの値段とはなるが、紺碧の海とコバルトブルーの空を眺めつつ旅を満喫できるだろう。

車窓からはなかなかの景色が楽しめるはずだ。日本海と大山のコントラスト、山々が宍道湖と空にはさまれる構図、出雲平野を貫く斐伊川はスピードを緩めてもらって絶景を楽しもう。写真撮影は期待しないほうがいい。ファインダーをのぞいているうちに過ぎてしまのは愚かだ。目にしっかと焼き付けよう。

ロゴのデザインは、漢字の天地(あめつち)を取り合わせ、太陽から放射する陽光。これがまるで後光のように神々しい神の国をイメージさせる。地には広大な海が横ラインであしらわれている。シックで高級感のある天地の車内から、豊かなミニ旅を楽しんでもらいたいものだ。
コメントする
コメント