CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«輝いてメダル大国いろいろに | Main | 正しくは靴で命の泉湧く»
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
身につけて肌身はなさず宝物 [2016年08月28日(Sun)]

fumihouse-2016-08-28T21_30_56-1-thumbnail2.jpg一日中出かけていた。慌てたわけではないが、スマホを部屋に置いたままクルマに乗り込んで、数キロ進んだところで気がついた。なんとかなるとそのまま行ったものの、意外にも待ち時間が多かったりして、本も持って出なかったために、退屈しのぎのツールがなくて困った。

家人は別の場所に行っており、ケータイ番号は控えておらず電話はできない。フェイスブックの書き込みを見ることはできないし、ツイッターで気になる風物をツイートすることもできない。もちろんメールは送れない。ラインで来るかもしれない連絡だって受け取れない。

スマホには様々な機能があるが、他人とつながるツールであることを痛感した。身体の一部をもがれた感じすらあった。私たちはケータイに依存している。この小箱に重要情報を詰め込んで、大事な人との連携を託し、世界で起こることの窓として利用しているわけだ。今やスマホを利用できない環境では、自分の一部がなくなったと感じられても不思議ではない。

いざという時に重要なライフラインであるケータイ。社会で生きる充実感を認識できるケータイ。単なる情報機器を超えた存在といってよい。ケータイは自分の命と同等にまで地位をあげた。

身につけるケータイは宝物。それと私たちはいかにつき合っていくことになるのだろうか。誰もが幸せへの道だと信じているが、必ずしもそうではないところが問題だ。

(スマホも使い方を誤れば痛い目にあう。栗のイガが指に刺さったときのように)
コメントする
コメント