CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«君が代は千代に八千代に歌われる | Main | かじりつきテレビに魔法の引き手あり»
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
秋がくるウイヨースと鳴きながら [2016年08月12日(Fri)]

fumihouse-2016-08-12T23_26_37-1-thumbnail2.jpg数日前の朝のこと。わずかに開けたクルマの窓から蝉が入り、わたしの頭をかすめて後部座席に落ちていった。音からしてアブラゼミ。到着後、蝉は座席下にいた。静かにしていたのが突然暴れ出すセミ爆弾もあるので、恐る恐る触った。びくともせず既に死んでいた。はかない命だ。

今朝のこと。木から飛び立ったアブラゼミが眼鏡のテンプルに当たった。驚いたように鳴きながら方向をかえて飛んでいった。あの蝉も長くはあるまい。

秋を呼ぶ蝉、ツクツクボウシ。夏が終わるよつくづく惜しい、ツクツクオーシ、ツクツクオーシと鳴いている。クチュクチュクー、クチュクチュクー……スウィーッチン、スウィーチン……ウイヨース、ウイヨースと酔っ払いが寝入るようにグジュグジュと消え入っていく。まだ暑さは続くとしても、秋はすぐそこにいる。

(ムクゲの花はまだまだ元気。夏の終わりは自分が見届けると言わんばかり)
コメントする
コメント