CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ジャングルの帝王なれば躍動し | Main | 秋がくるウイヨースと鳴きながら»
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
君が代は千代に八千代に歌われる [2016年08月11日(Thu)]

fumihouse-2016-08-11T10_52_18-1-thumbnail2.jpg五輪まっただ中。中継で日の丸が掲揚される。メダルに向かって選手が闘志をあらわにし、競技によっては冷静さを保つ。観戦するほうは力が入る。多くのひとが日本国家を意識し、民族主義的な気分が目覚めるのは今の時季だ。

表彰式での国歌演奏。気持ちを鼓舞する明るい調子の国歌が多いなかで、君が代は異色の趣を放つ。単調な音階のユニゾンで始まり、雅楽調の和音が重厚に重なると魂を揺さぶられ厳かな気持ちになる。各パートのユニゾンで締まり静かに終わる。

明治新政府ができて、軍艦が他国軍艦と海上で交わす儀礼には国歌が必要であった。海軍を統括する薩摩軍人たちが急場しのぎに、英軍人に作曲してもらったのが明治2年だという。 古今和歌集に収録された歌で、古くから祝賀の和歌として広く知られていたようだ。江戸時代には謡曲や祝いの場にもちだされ、浄瑠璃、春画や小説にも登場して庶民にもよく知られていたという。

だが、日の丸と君が代のもと、天皇「陛下」の御為にという名目で多大な犠牲を強いた歴史がある。平安の昔から君が代が歌い継がれてきた歴史を上回る暗い重さとなった。 戦後71年の今年。戦争の記憶が薄れゆくなかで、今の平和とかつての敗北を両方とも見据えなくてはならない。

さて、目下のところ金メダルは6個。水泳の萩野、柔道の大野、田知本、ベイカー、体操の団体と個人内村。あと何回君が代が聞けるだろうか。

(涼やかに清純に、カスミソウが咲いている。白は多くの色に染まることができる)
コメントする
コメント