CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«東京を襲う伝統シン・ゴジラ | Main | 二番手で中だるみとまではいかないが»
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
ランドセル購入活動盛んなり [2016年08月01日(Mon)]

fumihouse-2016-08-01T18_39_19-1-thumbnail2.jpg ララララン ランドセル
 ラララララララン ランドセル
 たのしいうれしい がっこうに
 せおって ラララン ランドセル(作者不詳)

ラン活が最盛期なのだそうだ。今?夏休み?と言いたくなるのだが、もう何年も前からランドセル市場のピークは、入学をひかえた年明けではなく、お盆の時季になっていると聞く。じじばばが離れて住む孫のためにお盆、夏休みにいい品を物色してプレゼントするのだそうだ。しかも「ラン活」なる言葉まで生まれているとは驚いた。

今の流行りは工房系。今朝のニュースでチラリと見た。5万円台から8万円台までが主流だとか。高級品だ。伝統的な黒赤シンプルなデザインが人気らしい。丁寧な作りで6年間しっかり使えて人気を呼んでいる。しかも海外からも受注が舞いこむようだ。日本のものは丈夫で長持ちするからね。

昔は高学年になるとガキっぽいと言って手提げ鞄に替える連中がいたが、わたしは6年生まで使った。楽チンだし、両手が空いていて行き帰りに遊びやすかったから。今であれば、リュックにするかもしれない。当時はリュックといえば、遠足で使うものでしかなかった。

ショッピングセンターへ行ってみよう。色とりどりの趣向を凝らしたランドセルで楽しもう。

(ランドセルの曲線を想像できそうな石垣。赤穂城趾の石垣は珍しい曲線になっている)
コメントする
コメント