CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«腫瘍なし代わりに依存スマホには | Main | ああ痛し丸くて小さな嫌なヤツ»
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
青に白夏を感じる朝たのし [2014年05月16日(Fri)]

fumihouse-2014-05-16T18-19-46-1-thumbnail2.JPG水平線が見える
一本の直線が広がる
地球の湾曲した曲線がわかるほど見通しは広くない
白い波が見える
波は静か
波が岩礁を上る
泡が消えて白が消える

空が青い
五月晴れの穏やかな空か
夏の前哨たる少し鋭さを感じる青
水平線の上は白い
雲ではない
薄い水蒸気の集積だろう

萌える新緑がまばゆい
雲なき空に照りかえる太陽を浴びる
照葉樹の葉が光る
薄黄色の花がキラキラしている
緑の影がコントラストをもって鮮やかだ
木々は萌えている
緑が燃える季節と言えよう

列車は時おりトンネルをくぐる
出雲から石見へ
日本海に目を移す
静かな日本海決して東海ではない
まごうことなき日本の海
「日本」と名のつく海は嫌
その気持ちはわからないでもない
長らく使わた名をそこまでして変えたい隣国の思想
静かに冷ややかに闘うしかない
政治はどうあれ
経済の結びつきは厚く人の交流は盛ん
この流れを絶やすわけにはいかぬもの
コメントする
コメント