CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«雨ののち晴れて食べるやごちそうさん | Main | 鷲が翔び東北かけるイーグルス»
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
ケータイを形変えても身につけて [2013年10月31日(Thu)]

__tn_20131031210552.jpgもう戻らない。戻れない。
以前には返らない。返れない。
ケータイがない生活には二度と戻ることはないだろう。
今日はケータイを充電したままで出かけて不安だった。
連絡と伝達の手段をこの手に持てない心もとなさよ。
命に及ぶような緊急事態などめったにないがやはり不安だった。

思えば不思議なことだ。
二十年前には携帯電話を持つのはひと握りの者ばかり。
それが今では誰もが持っている。
携帯する電話機能をベースに、アドレス帳、SNSの発信源、ゲーム機、ナビ、電卓、カメラ、万歩計、買い物ツールなどさまざまな機能を満載してミニコンピュータは進化した。

このライフラインとは切っても切れない関係となった。
ケータイが命綱、ならばまだよい。
ケータイは命、とばかりに依存症に犯される者も多くなった。
ああ、痛ましい。
失ってしまった時間は取り戻せない。
それでも価値ある時であったと信じたい。
文明の利器としてのケータイがなくなることはないだろう。
形は変わっても常に私たちはケータイする何物かを身につけて生活していく。
それが幸せになる道だと信じて生きていく。

(写真は、ポケットに入れて携帯したなら十分可愛らしいフォックス・フェイス。不思議な実だ)
コメントする
コメント