CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«線路立ち軌道確かめその狭さ | Main | 体育のあとは目を大切に見つめ合い»
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
笑いたし心の底をあらわにし [2013年10月09日(Wed)]

__tn_20131009184203.jpg吉本興業の地域密着プロジェクトの第二段が始まろうとしている。7人の役員を全国7地域に配置して、笑いによる地域の活性化事業を推進する。名付けて「住みます専務」。すでに第一段は進行中で、各県には専属の芸人が住んでいる。「あなたの街に住みます」プロジェクト。島根では桂三段さんがイベントや高座にひっぱりだこだ。

専務たちが派遣されるのは、東北▽北関東▽南関東▽北陸・東海▽近畿▽中国・四国▽九州の7地域である。まだ住む県は決まっていない。

「決して"島流し"ではありません」とジョークのネタにするばかりか、ネーミングには駄洒落が濃厚だ。(住みます専務)⇒(すみますせんむ)⇒(すみません)とシャレをかまそうという魂胆にちがいないが、もっと深い謀略があるのではないかと私は勘ぐっている。

それは何か。笑いによる世界征服である。笑いに満ちた面白がり屋をあちこちに育てて、笑いのためには金も手間もかける人を増やす。日本人を手先にして、今度は世界に打って出る。関西人以外は笑いに染まりにくいのが、日本人というものである。その日本人を笑いの渦に巻き込むことができたなら、もはや世界の人を吉本の笑いにいくらでも引き込んでいける。吉本がこう笑えといったらそのとおりに笑い、吉本がこんなギャグを流行らせるといったら大人から子供まで笑い転げる。もう吉本の思うがまま。世界は征服される…………。

つまらぬ話はここまで。何でも面白がるという吉本精神で、地域に笑いの種を探しては、たくさん種をまいてくれるだろう。笑いは健康の元、笑いは人と人との潤滑油、笑いは鬱防止の特効薬、笑いは明日へのエネルギー……。ときには腹の底から笑いたい。ただし人の欠点を暴露して笑いものにし、人の失敗をコケにして嘲笑するのは御免こうむりたい。

(写真は大口を開けて笑っている朝顔。明るい笑顔だ)
コメントする
コメント