CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«今も利く二十歳であればもっと利く | Main | 歴史的神の引っ越し風が吹く»
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
一票は格差を認め議場にて [2013年05月12日(Sun)]

__tn_20130512135712.jpg一票の格差を是正する案として、高野克則氏がクリーンヒットを放っている(5月9日付けの朝日新聞)。小選挙区制で問題となるのは、議員一人あたりの有権者数が即格差につながり、格差を解消するためには区割りを変更しなければならないことである。区割りを変更することは、市や町といった行政区域が分断されるばかりか、選挙民と議員との間にせっかくできたつながりを分離しかねないことが問題だ。

そこで高野氏は一票の格差をあえて認める案を提示する。
≪各議員は自分の出身選挙区の有権者数「持ち点」とし、議会で議決する際には議員ごとの「持ち点」を集計して多数決をするのである。(中略)これだと、同じ議員バッジをつけている議員の間で「一票の格差」は生じるが 、有権者のそれに比べれば、本質的な話ではない。≫

決をとるごとに、賛成33,212,321票、反対25,678,912票などと莫大な多数決票が生じるという違和感はあるが、いい考えだと思う。

さらに私の考えを加えれば、「持ち点」に直近の投票率を掛けて割り引くのである。自分たちの代表にできるだけ多くの「持ち点」を与えたいと支持者は選挙活動に力が入るから投票率か上がる。若い人にも関心事となるから、選挙など行ったことがないという人の気持ちをくすぐって選挙地図に地殻変動が起こるに違いない。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント