CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年05月 | Main | 2016年07月 »
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ナチュラルショップかわたさん[2016年06月22日(Wed)]
 保養(一時避難)の期間は1週間です。

 保養の期間は長ければ長いほどよく、

本当なら1ヶ月とか3ヶ月とか欲しいのです。

 しかし、現実にはとても難しいこと。

 1週間程度の保養であれば、

被ばくによって低下した免疫力の回復等、

その効果はあまり期待できないと言われています。

 もっぱら精神的なリフレッシュと、

それによる体力面への好影響を期待しているわけですが、

フクとまでは、

体力面の回復を少しでも効果的にしようと思い、

食べ物に気を使っています。

 
 できるなら、

有機農産物や飼料に極力気を配った畜産品等を使いたいところですが、

予算上の問題でそれを完璧にすることはできません。

 なので、できるだけ農薬の使用量の少ない農産物、

平飼いで飼料を工夫した鶏の卵、

本来不要な添加物を排除した加工食品等を用い、

和食を基本にしたメニューで

身体を健やかに保とうと考えています。


 そもそも、放射能ばかりを考えて、

添加物や遺伝仕組替え等には無関心というのはおかしな話。

 この機会に、

食のことをきちんと考えてもらいたいという気持ちも、

滞在中の食事には込められています。


 そんなフクとまの強い味方。

 ナチュラルショップかわたさん。

 宿舎のすぐ横にあり、

私たちを応援してくれています。


 そんなかわたさんの店内をちょっと紹介。

スクリーンショット(2016-06-21 21.37.47).png

 スクリーンショット(2016-06-21 21.38.03).png

 店内には、様々な食品や石けん、小物等が揃えられています。

 醤油。
スクリーンショット(2016-06-21 21.36.29).png
 昔からの製法で作られています。
 旨味たっぷりで、こういう醤油を使えば出汁入り醤油など本来不要なことが分かります。

 
 味の母。
スクリーンショット(2016-06-21 22.17.52).png
 酒の風味、みりんの旨味を兼ね備えた調味料。本格みりんにはかないませんが、みりん風調味料とは格段に違う、多くの料理で大活躍する調味料です。

 食用油。
スクリーンショット(2016-06-21 21.36.07).png
 古来からの方法で絞ったもの、一般的な溶媒抽出法とは違い、健康面での不安はなく風味豊かな油です。

 マヨネーズ。
スクリーンショット(2016-06-21 21.37.16).png
 卵、油、酢、蜂蜜、塩、香辛料、素材の全てに気を配ったマヨネーズです。

 その他、子供用のお菓子、お茶等、安心できる品物ばかりです。

スクリーンショット(2016-06-21 21.35.34).png

 スクリーンショット(2016-06-21 21.34.32).png

 フェアトレードのチョコレートも置いてます。
スクリーンショット(2016-06-21 21.34.01).png

 美味しいですよ、お高いけど。


 フクとまには、食品、健康、環境などの

知識、知恵を持っているスタッフが多く居ます。

 過去には、フクとまの保養でいろいろなことを知り、

自分でも勉強する様になったという方もいます。


 いらしたときには、美味しく、

そしてスタッフとのおしゃべりも楽しんでください。
「保養」という言葉と、フクとまの思うこと[2016年06月17日(Fri)]
 フクとまが活動を始めた年、

その時の名称は

「福島の子どもたちを放射能から守ろう2012実行委員会」

という名前でした。

 そして、福島から苫小牧に来てもらうことを

「一時避難」としていました。

 その翌年、311受入全国に参加し、

そこでは「保養」という言葉を使われていることを知り、

その理由が、

原発事故時に避難した人が批判されたり、
(「自分たちだけ」みたいに)

「避難」という言葉のイメージが良くない
(「ふるさとを捨てた」「ふるさとが汚れている」など)

ということだと聞き、

フクとまも「保養」と言う言葉に変えました。


 しかし、ずっと違和感がありました。

 「保養」というと、

「疲れた人が英気を養いに行く」とか

「病人が身体を休めに行く」とか

なんとなく「穏やかな静かな土地でのんびりと」的なイメージがありますね。
(ともすればリゾート的な雰囲気さえ)

 少なくともそこには、

「何者かによって被害を受けた」

といったイメージが湧きません。

 要するに、

「現在の生活状況にした者は誰か(原因者)」と

「なぜ保養(一時避難)を行うのか(理由)」が

消えてしまうのです。


 昨年の冬、

1回めと2回目の保養に参加してくれた人5名に

その後の生活等のお話をうかがいに福島に行きました。

 その中で「保養」という言葉について

今のイメージに合うか、

これに代わる言葉があるかなど尋ねましたが、

「何か違う気がする。でも代わりの言葉もすぐには思いつかない」

といったところでした。


 「保養」という言葉、

確かに「避難」より抵抗感が無く、

入り口としていいのかもしれません。


 先日、いわき市と郡山市で行われた「ほよ〜ん相談会」でも、

「今まで気にしていなかったけど、最近、そういうのに取り組んでいる人を知り、ここに来た」

というような人も少なくなかったようですから。


 一方で、事故から時間が経つごとに人の意識も変わり多様化して行きます。

 ある保養では、

「福島はもう大丈夫です。それが言いたくてこの保養に参加しました」

という発言があったそうですし、

今回の相談会終了後の受け入れ団体の交流会では、

2つの受け入れ団体から

「親の意識が変化してきて、保養をやる意味があるのか考えてしまう」

という悩みが提起されていたそうです。

 その団体は、みんなで議論した結果、

「親はどうであれ、子どもは守らなくちゃならないから」

と結論して、保養事業を続けることになったそうです。


 意識が多様化するのは、

保養受け入れ側でも同じです。

 新しいスタッフが入らないと、

続けて行くのが難しくなりますけど、

1回目の受け入れの体験を共有していないと

意識の乖離があったりします。


 フクとまは2016年から

「保養とは一時避難のことである」と明確に示すことにしました。

 本当は「一時避難」一本でいきたいのですが、

すでに定着している「保養」を無視することもできず、

保養(一時避難)と表記することにしました。


 「一時避難」と表示することで、

福島の方々に対しても、

フクとまのスタッフに対しても、

最初の方で述べた「原因者」と「理由」を

明確に示し続けたいと思うのです。


 なお、原因者には

東電、政府、そして

「原発爆発事故時に成人していた全ての人たち」も含まれています。

錦大沼ってどんなとこ?3[2016年06月16日(Thu)]
 さて、錦大沼シリーズ第3回。

 錦小沼を探検します。

 探検開始!

スクリーンショット(2016-06-14 6.42.12).png

 木道を進む。

スクリーンショット(2016-06-14 6.42.33).png

 おお!開けた。

スクリーンショット(2016-06-14 6.42.59).png

 この時期は「コウホネ」が咲いていました。

スクリーンショット(2016-06-14 6.43.24).png 

 開花期は長いみたいなので、

もしかしたら、みんなも見れるかもね。

スクリーンショット(2016-06-14 6.43.40).png

 原っぱに戻ります。

スクリーンショット(2016-06-14 6.43.54).png

 子どもの脚で15〜20分。

 ヒミツの沼(ヒミツじゃないけど)への探検でした。

錦大沼ってどんなとこ?2[2016年06月15日(Wed)]
 さて、錦大沼の紹介の続き。

 樹々の葉の隙間から降り注ぐ太陽の光を浴びながら、

ミドリの原っぱへ進みます。
スクリーンショット(2016-06-14 5.40.56).png

 それにしても、エゾハルゼミの鳴き声がすごい。

 とはいえ、ずいぶん近くに聞こえるなあと、

目星をつけて一本の木の側に行って上を見上げたけど

見つからない。

 でも、声が近い、すごく。

 って思って視線を自分の背の高さに落としたら、

目の前に居た。

スクリーンショット(2016-06-14 6.13.48).png

 写真を撮って、掴まえたら、

 ちょうど横を通った虫網を持った家族連れが男の子が、

「わ!すごい!セミ、手で掴まえてる!!」って叫んだので、

「すごいしょ」(←心の声。でも全然すごいことじゃない)

彼にあげました。

 家族みんなに何回もお辞儀されて、

おじさん、ちょっとおだっちゃった。
(「おだつ」←いい気になる、調子に乗る)

 さて、ミドリの原っぱ到着。
(クリの広場から5分もしないけど)

スクリーンショット(2016-06-14 6.14.44).png

 奥が「樽前山」。

 頂上のドームが特徴です。

 ここでは、簡単なゲームを一つくらい。

 後は、自由にしてもらおうと思ってます。

 だって、多分、ここ↓に入るもの。

スクリーンショット(2016-06-14 6.15.39).png

 この小川は、昨日紹介した小川と違い、

大沼からの水が流れ込んでいるので、

そんなに冷たくない。

 だから思い切り遊べるでしょう。

 4回保養をやって感じたけど、

福島の子って、ホントに水遊びが好きだよね〜。

 夏でも30℃いかない苫小牧の子とは

弾け方が違うもなー。

 ところで、この時期は、

こんなキレイなトンボたちがいました。

スクリーンショット(2016-06-14 6.16.13).png

スクリーンショット(2016-06-14 6.16.25).png

 8月上旬だと、ヤンマ類が来てるかなあ。

 さて、今居る場所はココ。

スクリーンショット(2016-06-14 6.17.06).png 

 次は、錦小沼を探検します。

 次回へ!
錦大沼ってどんなとこ?1[2016年06月14日(Tue)]
 6月の錦大沼に行ってきました。
スクリーンショット(2016-06-14 5.20.46).png

 パノラマで撮るとこんな感じ。
スクリーンショット(2016-06-14 5.14.34).png

 エゾハルゼミの鳴き声が凄まじく、もう滝の様。

 マジで、鼓膜が破けるかと思った。

 入り口からすぐにある小川。


 水温は、8月でも、しゃっこい(冷たい)ですよ〜。

 午前中は、

この小川に架かる橋を渡り、

大きなクリの木のたもと、

クリの広場を拠点に遊びます。

スクリーンショット(2016-06-14 5.39.13).png
(ここからの写真は、子どもの目の高さで撮ってます)

 自然の中のステキなものを見つけに行ったり、

隊長の指示のもと、

「あるモノ」を探しに行ったり、なんてね。

スクリーンショット(2016-06-14 5.41.26).png
  ササは子どもより背が高い。

 午前中は、ここでお昼ご飯。

 午後からは、この奥の原っぱ、

「ミドリの原っぱ」へ進みます。

スクリーンショット(2016-06-14 5.40.38).png
 ミドリの原っぱへのアプローチ


 続きは次回。
2015保養の様子 最終回 & 本日、2016保養受付開始!![2016年06月04日(Sat)]
 2015保養の最終回...の前にお知らせ。

 本日9時から、フクとま保養の申し込み受付を開始です。

 詳細は、5月31日の記事←クリック!


 では、2015保養最終回の記事。

 
8月8日(土)
《主な活動等》
○藍の生葉染め
○見送り。

 いよいよ、最終日。
 苫小牧発祥の地、
勇払へ行って、藍の生葉染めです。

 染めたハンカチは、そのまま苫小牧での思い出に。

 これが藍
スクリーンショット(2016-06-02 20.40.32).png

 生葉染めは葉を摘んでから、
葉も揉んで色素を取り出し、
布を浸けるまでのスピードが命。
スクリーンショット(2016-06-02 20.41.31).png

スクリーンショット(2016-06-02 20.43.12).png

 染めたら、お日様の光と空気中の酸素で発色します。

スクリーンショット(2016-06-02 20.44.30).png
 キレイですね〜♪                                  
             
 この後、苫小牧市科学センターを見学しました。
スクリーンショット(2016-06-02 20.54.07).png

 さあ、フェリーターミナル。
 いよいよお別れです。

 毎年思うのは、この出会いが、 
子どもたちの心の中に、
小さな輝きとして残っていてほしいということ。

 それが、いつかきっと役立つと思うから。

スクリーンショット(2016-06-02 20.55.42).png

 黄色いバンダナをつなげて見送っていたら...
スクリーンショット(2016-06-02 20.56.48).png

 向こうでもバンダナをつなげて振ってくれました。
スクリーンショット(2016-06-02 20.56.16).png

 本当に、本当に嬉しかった。

 いつか、また。

 
 福島では気を使わなければできない「子どもたちの普通の遊び」。

 フクとまは、それを提供する事で、
親たちの心の負担を少しだけでも減らしたいと思っています。

                      
2015保養の様子 その3 & 保養相談会のお知らせ[2016年06月03日(Fri)]
 昨日の続き...の前にお知らせ。

 先日もお知らせしましたが、

 保養相談会が以下のとおり開催されます。

 フクとまも参加します!

 会場でお会いしましょう!!

 
 2016夏・ほよ〜ん相談会
   ◆6月4日(土)13:00-16:40
       中通り相談会(福島県郡山市 緑が丘地域公民館)
   ◆6月5日(日)11:00-15:00
       浜通り相談会(福島県いわき市 生涯学習プラザ)

 詳細→うけいれ全国HP



 では、2015保養の続き。

8月7日(金)
《主な活動等》
○北星公園(アロマキャンドル作りに変更)
○送別会
 
 さて、苫小牧滞在も今日を含めて後2日です。
 今日は、あまり天気がよくなかったのと、
子どもたちにも疲れが見えるので、
室内遊びに変更です。
 アロマキャンドルを作ってみました。

スクリーンショット(2016-06-02 20.08.29).png

スクリーンショット(2016-06-02 20.09.20).png

 さて、この後はお昼ごはんを食べて、近所の公園で遊んできました。

 普通の児童公園。

 ここで遊ぶのも今日で最後。
 
スクリーンショット(2016-06-02 20.11.32).png

スクリーンショット(2016-06-02 20.12.19).png

スクリーンショット(2016-06-02 20.13.10).png

 そして、最後の夜は送別会。
 
 和食中心と言っても、
最後はやっぱりジンギスカンだね。

 増えすぎて大問題になっているエゾシカ肉も出ました。

 天敵のエゾオオカミを絶滅させたからこうなったんで、
絶滅させた人間が責任もって、食って減らさないと。

スクリーンショット(2016-06-02 20.13.44).png

スクリーンショット(2016-06-02 20.16.32).png

スクリーンショット(2016-06-02 20.17.14).png
 
 最後の夜の絵本です。
 おやすみなさい。

 おまけ。大人だけの送別会です。
スクリーンショット(2016-06-02 20.18.14).png

 では、明日で最後。

                        
2015保養の様子 その2[2016年06月02日(Thu)]
 昨日の記事の続きです。

8月4日(火)
《主な活動等》
○ボランティアによるヘアカットのサービス。
○ハンドマッサージ
 
 2回目の保養からご協力くださっている、
苫小牧の美容師さんのボランティアグループ「ピース053」。
 ピース053自身も、
2012年から毎年、
東日本復興支援の「つなぐ」というイベントに取り組んでいます。
 今日は、毎年大好評のヘアカットの日。
 10名もの美容師さんが駆けつけてくださいました。
スクリーンショット(2016-06-01 6.38.43).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.36.37).png

 カット終了後は、子どもたちと遊んでくれました。

 午後からは、お母さん向けにハンドマッサージ。
 講師は村上友美さん。
 お母さんたちの心も和らげてくれます。
スクリーンショット(2016-06-01 6.41.40).png

 その間、子どもたちはスタッフと近所の公園で外遊び。
 カットしたての髪に草花で編んだ王冠を飾る子も。
 キレイだね。
スクリーンショット(2016-06-01 6.42.12).png          

8月5日(水)
《主な活動等》
○錦大沼で自然体験

 今日は錦大沼公園で自然体験です。
 案内は、毎年お願いしている「樽前山ろく森学舎」さん。
スクリーンショット(2016-06-01 6.44.18).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.44.53).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.45.25).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.45.47).png

 この日は、滞在中で、一番よい天気になって気温も上がり、
北海道らしい夏を感じる日になりました。
 この後は、温泉に真っ直ぐ行って、夕ご飯を食べて、
素敵なお話を聞いて...おやすみなさい。


8月6日(木)
《主な活動等》
○ママタイム
○子どもタイム

 苫小牧に来てから4日目となりました。
 家事等を一緒にすることで、
かなりそれぞれの距離が縮まった事でしょう。
 また、お母さんたちには、
予想していなかったハードな毎日だという声もちらほら。

 そこで、この日の午前中は子どもたちと完全に離れ、
近くの喫茶店「ピエロ」さんで、
お母さんたちだけで過ごす「ママタイム」。
 普段の生活など、様々な思いをゆっくり話していただきました。

 その間は、子どもたちのところには、
きらきらっ子のみなさんと
バルーンアートの竹内ひとみさんがいらしてくださって、
スタッフも交えてたっぷり遊んでました。
スクリーンショット(2016-06-01 6.57.41).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.56.23).png

 では、続きは明日。

2015保養の様子 その1[2016年06月01日(Wed)]
 昨年の保養の様子を掲載します。

 昨年は、3年ぶりに苫小牧市内で実施し、
町内会館を借用して行ったのでした。

保養日程
 8/ 1(土) 参加者・随行者仙台港発(仙台港集合)
 8/ 2(日)〜8/8(土)苫小牧市内滞在
          ※8/8苫小牧港発
 8/ 9(日) 参加者仙台港着 解散

8月1日(土)福島(仙台港経由)〜苫小牧
《日程等》
 ○利用フェリー  
   太平洋フェリー「きたかみ」 出港19:40
 ○集合時間    
   出港1時間前迄に、仙台港フェリーターミナルに集合。
 ○その他     
   自宅〜フェリーターミナルまでの交通は自分で手配。
   利用客室はB寝台。

hukutoma .png
 スタッフが即席で作った、非公認(笑)キャラクター                           
  
8月2日(日)苫小牧港着
《主な活動等》
 ○苫小牧港到着  11:00
 ○苫小牧港フェリーターミナルの一角で、歓迎セレモニー
 ○宿舎到着後昼ご飯
 ○オリエンテーション、子どもは外遊び
 ○入浴(ゆのみの湯)
 ○歓迎会
 ○読み聞かせ.
 ◎宿舎  錦西・すずらん会館

 みんな元気に苫小牧港到着です。
 フェリーターミナルの一角で、
出迎えスタッフによるこじんまりとした歓迎セレモニーです。 
toutyaku.png

               
 宿舎で昼ご飯、そして大人はオリエンテーション、
子どもたちは早速、近所の公園で外遊び。
スクリーンショット(2016-06-01 5.56.28).png

 ささやかに歓迎会。
ホッキ、唐揚げ、ちらし寿司…みんな北海道産。
スクリーンショット(2016-06-01 6.01.03).png

 毎年恒例、スマイリー千葉のマジックショー。
スクリーンショット(2016-06-01 6.02.01).png

 去年から導入した、お休み前の読み聞かせ。
 今年は「きらきらっ子」のみなさんにお願いしました。
スクリーンショット(2016-06-01 6.04.33).png

8月3日(月)
《主な活動等》
○北星公園で外遊び

 今日は、近くにある大きな公園、
北星公園での外遊びがメイン。

スクリーンショット(2016-06-01 6.07.00).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.08.19).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.08.56).png

 フクとまが初めて保養に取り組んだのは2012年の事。
 その年の会の名称は
「福島の子どもたちを放射能から守ろう2012実行委員会」。
 一回目の保養は、
「北海道まで来たんだから、連れて行きたい!見せたい!」と
スケジュールはパンパンでした。
 しかし、苫小牧に到着した翌日、
朝から自然体験を予定していましたが、
スズメバチが出現しそれは中止になりました。
 代わりに何をしようかスタッフが相談していた時、
参加者のお母さんが駆け寄って来て、
スタッフにこう訊いたのです。
「砂遊びさせていいですか?」
 子どもたちはとても楽しそうでした。
 それを見ているお母さんたちは本当に幸せそうでした。
 私たちは、そこで気付いたのです。
 お母さんたちが何を求めてここに来たのかを。
「砂遊びさせていいですか?」という一言、
これがフクとまの保養の基本になっています。

 この続きは明日。
検索
検索語句
最新コメント
リンク集
どれくらい見てくれてる?

ジオターゲティング
プロフィール

ふくトマさんの画像
https://blog.canpan.info/fukutoma/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukutoma/index2_0.xml