CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年04月 | Main | 2015年06月 »
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
フクとまの食材[2015年05月13日(Wed)]
 1週間という短い保養。

 放射性物質の排出や免疫力の向上などについては、

大きな効果は期待できないと考えています。

 ただし、少しでも体調を整え、

体力を回復させるために、

フクとまはなるべく良い食材を利用する事にしています。

 予算上の制約から、例えば「全てを有機農産物にする」

なんてことはできませんが、

身土不二という観点から、

北海道に居る間は北海道の食材で、

例えば畜産は、なるべく自然に近い環境で、

工夫された飼育がされた物を、

加工品は、本来添加物無しで作れるものは、

極力添加物を使わないものを利用しています。


 例えば「卵」。

 2013年から、白老町の、生活介護・就労支援B型多機能型事業所「フロンティア」が生産しているものを購入しています。

 先日、ここの採卵養鶏場を見学して来ました。

スクリーンショット(2015-05-11 18.05.13).png

 まず驚いたのは、鶏舎全体が臭くないこと。

 その秘密は、エサにありました。

スクリーンショット(2015-05-11 18.05.29).png

 エサは、道産の配合飼料に野菜クズ、おから、

焼いた貝殻を細かく砕いたもの、

ふすま等の穀物サイレージ、

そしてEM菌を混ぜた物です。

 繊維質が多く、それにEM菌の効果か鶏糞自体も良く発酵してるので、

とてもさらさらして臭くありません。

 つかんで臭いを嗅ぐと、良い土の臭いがします。

スクリーンショット(2015-05-11 18.06.06).png

 これはいい肥料になるわ。

 さて、飼われているのはボリスブラウンというニワトリ。

 オスは白いので、別な種類なのかと思ったら、

ボリスブラウンのオスは白いのだそうです。
(ブラウンじゃないじゃん)

スクリーンショット(2015-05-11 18.04.49).png
 左側の白いのがオス。

 1つの鶏舎にオスが1匹なわけですが、

メスは15ヶ月で廃用になりますが、

オスは期間はなく、

「いけるところまでいって終了」だそうです。

 また、オス1羽にメス何羽という決まりはなく、

入れ替えのサイクルで1つの鶏舎に入るメスの数は変わるのだそうです。

 スクリーンショット(2015-05-11 18.05.51).png

 おいしそうな卵でしょ。

 鶏舎の方が言うには、

「有精卵が美味しいって言う人がいるけど、有精卵も無精卵も味は変わらないよ。こうやって育てても、無精卵も混じるわけだから」

とのことでした。

 それより、やはりストレスの無い環境、良質なエサが重要だそうです。

 ここのニワトリは、気持ち良さそうに砂浴びしていましたが、

この砂浴びが充分にできる事が大切な事だそうです。

 ちなみに、ここの卵は10個で380円ですが、

「1個100円もらってもいいくらいだよ」と自信満々でした。
検索
検索語句
最新コメント
リンク集
どれくらい見てくれてる?

ジオターゲティング
プロフィール

ふくトマさんの画像
https://blog.canpan.info/fukutoma/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukutoma/index2_0.xml