CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年11月 | Main | 2019年01月 »
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ソロプチミスト日本財団 年次贈呈式に出席[2018年12月25日(Tue)]
 福島〜宮城の旅の最後は、仙台で行われる「ソロプチミスト日本財団 平成30年年次授与式」への参加です。

 このブログを読んでくださる方には、「ソロプチミスト日本財団って何?」と思う方も居ると思うので、ちょっと説明します。


 ソロプチミスト日本財団(以下 S日本財団)とは、日本のソロプチミスト会員によって設立された公益財団法人で、「ソロプチミスト精神に則り、さまざまな奉仕活動に対する援助や協力を行うことにより、より豊かな生活を実現し、国際相互理解の促進に寄与すること」を目的しています。
 ソロロプチミスト精神とは「社会的・経済的エンパワーメントをもたらすプログラムを通じて女性と女児の生活を向上させる」使命を持つものです。
 ※エンパワーメント・・・ひとりひとりが,発展や改革に必要な力をつける こと。

 なお、世界的な組織として国際ソロプチミストという組織があり、日本のソロプチミスト会員は国際ソロプチミストアメリカ連盟に属しており、日本には5つの組織(リジョン)があって、フクとまを支援してくれている「国際ソロプチミスト苫小牧はまなす」は「国際ソロプチミストアメリカ日本北リジョン」に属しています。


 さて、フクとまは、「国際ソロプチミスト苫小牧はまなす(以下 Sはまなす」さんの推薦で、S日本財団の「災害復興援助」に応募し、Sはまなすさんの応援もあって、援助金をいただけることになりました。
 
 フクとまは2021年まで保養を続けると公言していましたが、最後の1年の資金が無く、どうしようか困っていた所だったので、とても助かりました。
 S日本財団のみなさんにも、Sはまなすのみなさんにも本当に感謝です。
 
 授与式には、全国から会員が集まります。
 もちろん日本中の全会員ではないですが、この日の仙台国際センターには、2000名近くの会員が集まったそうです。

DSCF7518.JPG

 そうそう、ソロプチミストの会員は女性だけ。
 会場には、センター職員等を除けば、男性は20名も居たでしょうか?
 女性99:男性1。
 すごいアウエー感でした。
 ちなみにこれは、昭和51年の衆議院議員の男女比の逆とほぼ同じ。
 ちなみに今の衆議院の男女比は、女性7:男性93。
 女性の議員の方、大変ですね。

 贈呈式は、予想していた感じとは全く違っていたものでした。
 なんとなく、事務的に淡々と進行するのかなと思っていましたが、違いましたね。

 贈呈される方も推薦したクラブも、とても晴れやかな顔をしていて、特に贈呈された方々のスピーチは、夢や目標がしっかりとしていて、そして自分が活動を始めた理由も明確に伝えていて、強い意志を感じました。
 それに、フクとまが贈呈された「災害復興援助」に、同じ保養活動をしている「川崎市民の会」さんが選ばれていたのも心強かったですね。
 お会いすることはありませんでしたけれど。

DSCF7520.JPG

DSCF7521.JPG 

 贈呈式終了後、次の日は遅くても午後から出勤しなくてはならないので、...仙台の夜...残念ながら、フェリーで帰路につきました。

 船内で、今回の旅を振返って頭の中をいろいろ整理しました。
 本当にいろいろあった旅でした。

 特にフクとまは、あと3年を「無事に保養ができれば」と思っていましたが、終わるとしてもそれだけではこれまでの多くの方の支援に応えたことにはならない、そう感じました。
 では、どうするのか。

 まとまったら、掲載します。

 
検索
検索語句
最新コメント
リンク集
プロフィール

ふくトマさんの画像
https://blog.canpan.info/fukutoma/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukutoma/index2_0.xml