CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« お知らせ(イベントのご案内) | Main | 2013保養の様子 »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「いっしょに作って〜」アンケートから。[2019年11月12日(Tue)]
 参加者7組(6組が郡山市、1組が須賀川市)の方は、初めてお会いした方たちでした。

 そのうち「保養」を知っていた方は5組、知らなかったのは2組。

 知っていた方のうち、保養をしたことのあるのは2組で、うち1組は今年の7月から始めたそうです。

 全7組に尋ねた「今、被ばくついて感じていること」については、次のような答えでした。

○事故から8年経ち、意識が低下してきた。
○不安はほぼないけれど、日々の生活に追われているだけだと
 思うこともある。
○最近は、災害が多く、原発に関する不安はついてまわり、深
 く考えると不安はある。
○空間放射線量は0.1μSv/hを切らない状態の中、もう以前の値
 に戻らないのか、仕方ないのか、この思いはずっと続くのか
 という感じである。
○空間放射線量は、気にしなくなった。気にしすぎていたら公
 園などで遊べないと思う様になった。食べ物は少し気をつけ
 ている。
○甲状腺がんが増えているのに被ばく(原発)との関連性は無い
 という国の考えに不安を感じる。
○今回の水害で街中に汚泥が入り込み影響が気になる。
○浜通りから避難して郡山で暮らしている人がいるので、保養を
 することは考えられない。
○余裕があれば保養を経験したい。
○周囲に保養に行ったことのある人がいないので、その経験した
 話を聞く機会がほしい。
※個人を特定できそうな回答は割愛しました。

 保養を知らなかった方でも、福島県生まれということに対する県外の人の視線や甲状腺がんに対する国の姿勢等について心配をしているということを知りました。
 保養をするしないに関わらず、誰もが不安を抱えているということもあらためて分かりました。

 さて、これから...。
 保養を支援する団体は、これから増えて行くことは無いでしょう。
 福島の人達は、心の奥に不安を抱えたまま暮らして行くのか。

 所詮、当事者ではない、県外に暮らす私たち(私たちも同じ状況になる可能性もある)が、これからもできることは...。

 ふくトマの福島県で暮らすスタッフは言います。
 「子どもを抱える保護者たちが、自分自身で保養を企画実施する団体等を運営することは不可能。子どもに手がかからなくなった世代にやってもらうしかない」

 私は言います。
 「その世代を動かすには、子どもを抱える保護者たちが本気で行動しないとならない」

 考えましょう。
 

スクリーンショット(2019-11-12 5.37.40).png
 2019年11月3日 郡山駅前 値は0.139uSv/h
美味しく楽しく「いっしょに作って、いっしょに食べました!」[2019年11月11日(Mon)]
 11月4日に郡山市中央公民館で行った

「いっしょに作って、いっしょに食べよう!北海道と福島の食材で!」

 なんと、ほぼ定員の、7組18名の参加がありました。

 PRに協力してくださった、郡山市内の報道関係機関、ナチュラルショップ、フェアトレードショップ、飲食店、市民団体、それに過去のふくトマの保養参加者のみなさん、さらに北海道の食材を提供してくださったみなさまに、この場を借りてお礼申し上げます。
 
 本当にありがとうございました。


 この日作ったのは、豚肉のジンギスカン風トンギスカン、アイヌ民族料理のチェプルル(イモ団子入り)、私の母が秋になったら作ってくれた柿入りポテトサラダ、秋元ほなみさんのレシピからスィートポテトスティックシナモンディップ添え。

 トンギスカンの豚肉は苫小牧市のブランド豚肉「B1トンちゃん」、玉葱は美味しいけどあまり出回らない「札幌黄」、もやしは郡山産。

 チェップルルの鮭は、苫小牧のぷらっと港市場内の山本水産の「新巻鮭」、大根等の野菜は郡山産。

 ポテトサラダのジャガイモは北海道産キタアカリ、玉葱は札幌黄、キュウリ、人参、柿は福島県内及び郡山産。

 サツマイモは福島県内産、生クリームはよつ葉乳業。

 昆布、ジンギスカンのタレと塩、こしょう以外の調味料は郡山のとみやさんで揃えました。

 お米は、福島県産にしようと思っていたのですが、直前に私の農業やものの考え方の師匠である厚真町の秋永さんに「持ってけ!」とゆめぴりかをいただいたので、それを持って行きました。

スクリーンショット(2019-11-10 9.18.49).png

スクリーンショット(2019-11-10 9.21.17).png


 食事後は、北海道クイズを行い、正解数の多かった家族から順に「素敵な景品」という残った食材や調味料等をプレゼントしました。

 それから、少ないですが、1組に1袋、ふくトマスタッフのお母様が育てたジャガイモをプレゼントしました。

 来年の5〜6月にまた開催します!


 
ふくトマ ウトナイ湖冬の小運動会 終わりました[2019年04月17日(Wed)]
 あー、結果をアップしてなかった。

 2月17日に行った「ふくトマ ウトナイ湖冬の小運動会」。

 今年も楽しんでもらえたみたい。

 来年もやるつもりで〜す。

スクリーンショット(2019-04-15 15.28.09).png
 雪の中からアイスホッケーのパックを探す「エゾリスは忘れん坊」。
 今年は雪が少なくて楽でした。

スクリーンショット(2019-04-15 15.28.23).png
 長靴を拾って戻って来る雪上駆けっこ「長靴取ってきて!」

スクリーンショット(2019-04-15 15.28.38).png
 一番左は大人です。
 惨敗でした...。(重いと埋まるしね)

 さ、メインは雪上綱引き。
スクリーンショット(2019-04-15 15.29.40).png
 女の子ばかりの様に見えますが、後ろに男子がしっかり居ます。

スクリーンショット(2019-04-15 15.39.38).png
 一回戦は「雪の王」が1人で相手しましたが瞬殺。
 2回戦は、部下が加わりましたが、一蹴されました。

 来年は本当に王様を連れてきたいな。
いっしょに作っていっしょに食べてきました!![2019年04月16日(Tue)]
 3月30日に福島県郡山市で行った、ふくトマ初の出張イベント。

 「いっしょに作っていっしょに食べよう! 北海道と福島の食材で!」の報告です。

 初めての土地でイベントをやるというのはなかなか難しいですね。
 
今回は4組10名の参加でした。

 開催時期等、たくさん反省点はありますが、僅かですが、保養以外で郡山市の方ともつながりができました。
 これを生かして、秋にも行いますよ!!

スクリーンショット(2019-04-15 14.35.15).png
 本日の食材。北海道と福島のジョイント。

スクリーンショット(2019-04-15 14.42.06).png
 赤飯作り。食紅と塩を溶かした熱湯に給水させたもち米を入れて吸わせます。
 もち米は福島産。

スクリーンショット(2019-04-15 9.01.37).png
 蒸し上がったら金時豆の甘納豆を入れて蒸らします。

スクリーンショット(2019-04-15 14.53.13).png
 「よく寝たイモ(メークイン)」 協力して皮むき中。
  甘いんですこのイモ。

スクリーンショット(2019-04-15 14.41.44).png
 雪の下貯蔵のニンジン。

スクリーンショット(2019-04-15 14.56.06).png
 東北産の長ネギ。

スクリーンショット(2019-04-15 14.40.57).png
 協力して計量中。

スクリーンショット(2019-04-15 14.43.13).png
 右の汁物(アイヌ民族料理「オハウ」)がメインだったら、スープ皿に盛ればよかった。

スクリーンショット(2019-04-15 14.42.54).png
 日本では北海道だけで採れる「ハスカップ」のジャムで作った寒天。

 食後は、北海道と福島のご当地クイズなどして楽しみました。

 今年の秋もやります!
 お楽しみに!!
雪まみれ!![2018年02月24日(Sat)]
 先週の日曜日に開催した
「フクとま ウトナイ湖 冬の小運動会」。

 お陰さまで、怪我無く無事に終わりました。

 この日は、快晴。
 天気がよすぎて、寒い寒い!
 
 子ども達はいいけど、応援してる親は、なまら寒かったみたい。

 さて、1種目目は「エゾリスは忘れん坊」。
 エゾリスは隠した食べ物のことを忘れちゃう。
 (そこから、ドングリの木とかが生えてくる)
 それをモチーフとしたゲーム。

 始めに雪の中にエゾリスの食べ物を投げ込んでおきます。
 それを、一斉に宝探しの様に雪の中に探しに行く。
 沢山見つけた人の勝ち。

 エゾリスの食べ物。
ezorisu3.png
 使い古しのアイスホッケーのパックに、
クリとかドングリとかのイラストがついてます。

 探せー!!
ezorisu2.png
 ポコポコ穴があいてるしょ。
 そこに、食べ物が隠されてます。

 いや、もう雪まみれ。
ezorisu1.png
 でも、楽しそうだった。
 夢中になって「長靴脱げた〜」ってわーい(嬉しい顔)←それは、たいへんだ。

 2種目目は「飛ばせモモンガ」。
 長靴飛ばしですよ。

 こんなふうにして。
momonga1.png

 せーのーで!
momonga2.png

 意外と難しかったみたい。
 みんな、上や後ろに飛ぶが、前に飛ばない。
 改良の余地有りだね。

 3種目目は、「我こそは雪の王」。
 力持ちの大人1人VS子どもたち。

 この日は、柔道4段の王者が来るはずでしたが、
前日に足に怪我をするアクシデント!
 急遽、高校認定柔道初段の代表が相手をすることに。

tunahiki.png

 急造の王者じゃ勝てませんね、みんな強かった。

 写真は午後の部ですが、
午前の部はミニスキーを履いて対戦しました。

 踏ん張りは全く効かず、.
マジで〜!の悲鳴をあげて瞬殺でした。

 子どもの記憶に一番残っているのは、この瞬間だったという声も。

 4種目目は「探偵は湿地にいる」
 動物の痕跡探しだったのですが、
前夜から朝の雪で、まったく痕跡は見当たらず。

 なので、もう一回、「飛ばせモモンガ」をやって終えました。

 いや、本当に寒かったけど、子ども達は本当に楽しそうだった。
 そういえば、自分も子どもの頃、
わざと雪の上に大の字になって倒れて、
人型作って遊んだよな〜。

 保護者も、雪まみれの子ども達を見て、とても楽しそうでした。

 競技の優勝者には、B1とんちゃんの豚まん交換券。
 100%の交換率でした。

 「マック行こー」とせがんでいる子どもさんもいたそうですが、
「せっかくもらったんだから豚まん食べよう」って
保護者方が言ってくれていたそうです。

 美味しさが伝わって、ファンになってくれたらいいな。

 100円券も8割近くの方が使ってくれて。
 フクとまの持ち出しは大きくなるんだけど、
苫小牧の美味しくて、
良心的な食べ物を1人でも多く知ってくれたら、
やった甲斐があるというものです。

 何も気にせずに思い切り遊べて、
安全で美味しいものを食べられるって、
ホントに幸せなことなんですから。

 
呑んでボラんティア[2013年05月02日(Thu)]
 2ヶ月前の話題ですみません。

 資金づくりの一環で、

呑んでボランティアというイベントを行いました。

 会費3000円で日本酒1杯付き。

 あとは、追加注文するたびに現金で支払い、

その代金の一部がフクとまへの募金になります。

 したがって「呑めば呑むほどボランティア」になる。

 酔っぱらいでもできる社会貢献です。手(チョキ)

 この日の会場は、苫小牧錦町の

キッチンバーあんのん さん。

 お酒は福島の日本酒を3種類(追加したので4種類)。

 料理は、できるだけ福島県に関するものをということで、

棒だらの煮物、浪江風焼きそば、桃ゼリーのせサラダ、

ままどおるの天ぷら(私が郡山の居酒屋で食べた)などでした。

 nonbora1.png

 なかなかいいお店でしょ。

nonbora3.png

 「溢れさせ方が足りない!」などとお叱りを受けながら(笑)
 このお姉様は、そんなこと言ってません。
 ただ、「もう少しでいいから、200円分」って言っただけです。(笑)

 nonbora2.png

 みんなよく呑んでくれました。
 日本酒以外はお店の売上げですが、ビール等もたくさん。


 本当に感謝です。

 また6月に予定しています。


 
フクとまcafe〜塗り絵[2012年12月18日(Tue)]
 昨日のブログで触れましたが、

ライフク実行委員会さんからピンバッジなどを取り寄せたとき、

塗り絵も一緒に入ってました。

 自由に色を塗って、

できたらメッセージを添えて返してあげるのです。


 そうすると福島のライフク協力店で、

クリスマスツリーオーナメントとして飾ってくれるのだそうです。

 たくさんの方が色をつけてくれました。
nurie.png
 画面に入りきらないのでこれだけですが、

もちろん実際はもっと沢山あります。

 
 みなさん本当にありがとうございました。
 
フクとまcafe終わりました。[2012年12月17日(Mon)]
 24.12.16の投票率の低さにとてもショックを受けていますが、

ともかくイベントのご報告です。

 詳しくは、リンクしてる

「フクとまcafe」のブログを見ていただいた方がいいと思うので、

こちらは、福島からの品物を中心に報告です。


 店内の様子(写真がブレててすみません)
cafe1.png
 中央の、ティッシュケース、キッズバッグ、キッズマスクは、

この夏の一時避難で苫小牧に来た

郡山市のKさんとそのお友達のグループの商品です。
cafe2.png

cafe3.png
 ティッシュケース、キッズバッグとも好調な売れ行きでした。


 「くもりのちはれ」のマスターのご好意で、

苫小牧での一時避難の様子をプリントした物を

店の壁に貼らせてていただきました。
cafe4.png


 こちらは福島の「ライフク実行委員会」の「F-pins」と絵はがき等。
cafe5.png
 可愛いですよね、こちらもよく売れました。

 写真の右下にあるのは、

スタッフが作ってくれた、

手作りおもちゃくるくるレインボーです。

 これがまた、よく売れたのです。


 次回に紹介しますが、

F-pinsのデザインを基にした塗り絵コーナーを用意してあり、

子どもたちが沢山塗ってくれました。

 
 売り上げに貢献すべしと、

スタッフのつながりで無農薬、減農薬の農産物も販売。
cafe6.png

こちらも好調な売れ行きでしたよ。

 特に、時期的なものでしょうか、

黒千石と小豆は、もっと置いてもよかったですね。


 およそ100人の来場者があり、

4千円以上の募金がありました。(たった5時間なのに!)

 本当に感謝です。


 来てくださった方、

「くもりのちはれ」のマスターさん、

素敵な雑貨類を出店、出品してくださったみなさん、

いろいろアドバイスしてくださった、

苫小牧駅前通商店街振興組合のみなさん、

そして、2回も取り上げてくださった

苫小牧民報、北海道新聞の記者さん

本当にありがとうございました。

 この企画のリーダーのMは、

「またやるダッシュ(走り出すさま)

と宣言しましたので、

次のお知らせを楽しみにお待ちください。
検索
検索語句
最新コメント
リンク集
どれくらい見てくれてる?

ジオターゲティング
プロフィール

ふくトマさんの画像
https://blog.canpan.info/fukutoma/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukutoma/index2_0.xml