CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« お知らせ(名称変更) | Main | イベントの様子 »
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ピザ窯作ってピザを食べよう。[2020年09月16日(Wed)]
 大変!

 2019年の保養の様子を載せていなかった。

 保養をしなかった今頃載せてもしようがないので、来年に掲載する事にします。
 来年は必ずするので。
 コロナがどうだろうと。
 参加家族1組でも。

 さて、苫小牧の子どもたち向けの催しのご案内。

 ピザ窯をみんなと一緒に作って、自分でピザ生地を作って食べる。
 それだけの幼児向けの「モノ作り体験講座」。
 もう少し詳しく言うと、「みんなで協力してレンガを積んで窯を作り、ピザ生地を自分で作って食材を切り、トッピングして、ピザ窯に入れて焼いて食べる」と言うもの。

 どうしてこんな企画を?って言うと、
コロナでね、高度経済成長時代から続いた常識って、なんて浮ついたものだったんだろう感じたんですよ。
 福島の原発事故のときも思ったんだけど。

 さらに、原発事故のときも子どもたちに負担をかけたけど、今回もね。

 なので、とりあえず、「まずは自分でやってみる」「そしてそばにいる人と協力する」みたいなことができて、外でできて、あまりできない楽しい体験、というのを考えたらこうなった。

 きっかけは、全くふくトマと関係ない場で、ある人が言った「ピザ窯作ってみたいんですよね」がスタートなんだけど。

 詳細はコチラ↓

ピザチラシ.pdf
「一緒に作って、いっしょに食べよう!2019秋 番外編その5」[2019年10月29日(Tue)]
 冷蔵庫を開けたら、誰かが高級品の「紅鮭缶」を開けていた!

 で、それを使った朝飯。

 辛い大根おろしの上に紅鮭を載せ、醤油をかけ回し、そこに海苔を散らし、さらに醤油をまわしたもの。
 ゴージャス!

 具沢山の味噌汁とお代わりは納豆+鮭缶で、ナイス!

スクリーンショット(2019-10-27 21.30.50).png

 新聞に「マラソンは札幌開催」と。
 そもそも、あの時期に東京でやるのが「   沙汰」だったからなあ。
 札幌や北海道がたいした費用負担しないのならOK です。


 「いっしょに作って、いっしょに食べよう!」参加者募集中!
issyonitukutte.png


チラシはコチラ→
issyonitukutte2.pdf
「一緒に作って、いっしょに食べよう!2019秋 番外編その4」[2019年10月28日(Mon)]
 「いっしょに作って〜」のPRのために、なぜかうちの食事まで公開しています。

 露出癖あるのかなあ、俺。

 北海道はサンマが獲れなくなって、今はイワシです。

 イワシの刺身。
スクリーンショット(2019-10-27 21.01.38).png

 手前は、同じイワシの刺身を、自家製のガリの浸け汁に30分浸けたもの。
 軽い、〆イワシですね。

 カミさんの作るガリは、超おいしく、市販のものはもちろん、寿司屋のも不味い部類に入ります。

 豆腐。

 厚真町に行ってきたので、お土産に豆腐を買ってきました。

 厚真産の大豆を皮ごと粉にして作ったもの。

 おからが出ない。

 DSCF0931.JPG

 やっこで。

DSCF0934.JPG

 ちょっとざらっとした感じもありますが、気になるほどでない。

 美味しかったですよ。

 酒は、久しぶりに出羽桜。
スクリーンショット(2019-10-27 21.01.22).png

 私の日本酒の入り口は「出羽桜桜花」でした。
 今となっては、私には吟醸香が強すぎて吞めない酒になりましたが、これは、冷やでも燗でも美味しい落ち着いたお酒です。
 持っているのは、小さなご飯茶碗です。


参加者募集中!
いっしょに作って、いっしょに食べよう!
issyonitukutte.png


チラシはコチラ→
issyonitukutte2.pdf
「いっしょに作って、いっしょに食べよう 2019秋」再度のお知らせ[2019年10月27日(Sun)]
 さて、およそ一週間後に迫った「いっしょに作って〜」です。

 当日のメニューを、カミさんの監督のもと、もう一回、作ってみました。

スクリーンショット(2019-10-27 8.36.13).png

 美味そうでしょ?

 苦手なポテトサラダもこのとおり。
スクリーンショット(2019-10-27 8.36.38).png
 パセリがでかい...。

 チェップルルはジャガイモをイモ団子にしてみました。
スクリーンショット(2019-10-27 8.36.54).png

スクリーンショット(2019-10-27 8.37.13).png
 トンギスカンは今回、野菜にジンたれ(ジンギスカンのタレ)で味付けをしないでみましたが、当日はどうしようか迷ってます。

スクリーンショット(2019-10-27 8.37.33).png
 あ、失礼、コレは付きません!
 美味しいんだあ、焙煎生ビール♡

 それはさておき、絶賛参加者募集中です!

 郡山市は大変な状況にある方も多いと聞いています。

 迷いましたが、やっぱり行います。

 こどもに食事を作る楽しさを知って欲しい方、

 自分で作るのが好きな方、

 北海道の食に関心のある方、

 美味しい物が好きな方、

 申し込みお待ちしています!!

issyonitukutte.png

チラシはコチラ→issyonitukutte2.pdf
『一緒に作って、いっしょに食べよう!2019秋 番外編その3」[2019年10月24日(Thu)]
 10月16日のブログの記事のイクラは、とっくの昔に食べちゃったわけですが...。

 一応、その模様。

DSCF0907.JPG

 イクラは高いので、すごく少なく盛ってます。(泣)

 コレは味噌おでんの味噌。

DSCF0909.JPG

 小樽の従兄弟が、海の家をやっていたおばあちゃんの味噌おでんの味噌の味を、そのまま継承しています。

 店では、串に刺したコンニャク、さつま揚げ、卵のおでんに、この味噌をかけて出すんだけど。

 味噌、砂糖、生姜がベースで、これに旨味調味料と酒だろうか。

 うまいです。

 海の家のおでんだよ、コレが。

 シャケはしょっぱそうでしょう〜。

 新物の新巻を、家で切り身にしてチルドルームで1週間熟成させたもの。

 しょっぱいけど旨味が強くなって美味しかったよ〜。


 「いっしょに作って、いっしょに食べよう!」参加者募集中!
issyonitukutte.png
 
チラシはコチラ→issyonitukutte2.pdf
ココラジに出ました♬[2019年10月22日(Tue)]
 ちょっと古い話ですが...。

 9月30日に、「いっしょに作って〜」のPRのため郡山市に行きました。

 そのとき、郡山のコミュニティFM「ココラジ」さんに出させていただきました。

 数年前、家族で広島に行った時、見学に行った賀茂泉さんというに酒蔵に、ちょうど地元のTV局が取材に来ていて、「北海道から来た見学者」として出演した(5〜10分出てたから出演って言っていいしょ)ということがありましたが...、ラジオは初めて。

 月曜のひるココ。

 パーソナリティは、小林恵さん。

 「リクエストは?」っていきなり聞かれて、E,W&Fを選んだけど、違うのにすれば良かったと後悔...。

 なぜ、郡山に出張してこのようなイベントをするのか...話そうと思っていたことより、踏み込んだ内容をお話ししました。

 さすが、パーソナリティのワザですねえ。
 あそこまで話したことで、フッきれた気がします。

 楽しくて充実した時間でした。
 小林さん、ココラジスタッフのみなさん、ありがとうございました!

スクリーンショット(2019-10-22 8.34.18).png
 小林恵さんと。三人めがね。

スクリーンショット(2019-10-22 8.34.56).png 


「いっしょに作って、いっしょに食べよう! 北海道と福島の食材で 2019秋」
参加者募集中!

チラシはコチラ→issyonitukutte2.pdf
 
「いっしょに作って、いっしょに食べよう 2019秋」のさらに番外編の2[2019年10月18日(Fri)]
 豚汁に入れるイモってさ、じゃがいもが当たり前って思ってたら、本州じゃ里芋なんだってね。

 去年、知ったんだけどさ。

 ジャガイモが当たり前すぎて、福島の人と話をしていて、

「ええっ!?」「あ〜、でも、そうかー!」って。

 
 さて、イモの子汁。
 父が山形県酒田出身の俺のおふくろは、里芋をイモノコと呼んでいた。

 薄切り豚肉と、舞茸、椎茸等の旨味が凝縮して、うまかった!

スクリーンショット(2019-10-13 6.25.05).png

 あー、写真のオランダモルトは、北海道のコンビニの王者「セイコーマート」が扱う発泡酒。
「いっしょに作って、いっしょに食べよう 2019秋」さらに番外編の1[2019年10月16日(Wed)]
 鮭が去年よりは獲れている。
 
 生筋子も去年より200円くらい安い(特売日で)。

 で、去年は作れなかったから、今年は思い切って買った。

 それでも一昨々年迄と比べて100円以上高い。


 では「いっしょに作って〜」のさらに番外編の1。

 イクラの作り方。

 生の筋子。
スクリーンショット(2019-10-13 6.22.32).png

 塩水で洗い、塩を溶かしたぬるま湯に浸ける。
スクリーンショット(2019-10-13 6.23.07).png

 すぐにそのまま手で薄皮から外しつつバラしていく。
 多少乱暴にしても割れません。
スクリーンショット(2019-10-13 6.23.22).png

 醤油と日本酒で味を整えます。
 今回の場合は、筋子650グラム:酒20CC:醤油30g
 出汁は使いません、二味になりくどく、まずくなります。
 安い回転寿しのイクラなんて、出汁というか旨味調味料の味がするね。

 この酒と醤油を入れたばかりの写真。
DSCF0902.JPG

 写真では液が多い様ですが、かき混ぜると見た目に液は無くなります。

 あとは、次の日から食べれます。

 高いんで、たっぷりとはかけられない。
 こんな感じ。

DSCF0904.JPG

 うまかったあ。

 昔の様に、たっぷりとかけたいなあ。

 「いっしょに作って、いっしょに食べよう!」参加者募集中!
issyonitukutte.png

 チラシはコチラ→issyonitukutte2.pdf
いっしょに作って、いっしょに食べよう 2019秋 番外編の2[2019年10月13日(Sun)]
 11日記事の「あんクリサン(←今、名付けた)」の作り方。

 おいしいあんこと、おいしい生クリームと、おいしいサブレを用意します。
ankuri1.png

 世界一美味いあんこ。
ankuri2.png

 見かけ2つは同量。
ankuri3.png

 混ぜます。
 いやぁ、どうしましょ。
ankuri4.png

 サブレに載せます。
 もっともっと載せたい♡
ankuri5.png

 挟みます。
 うあぁあ♡
ankuri6.png

 完成!!
ankuri7.png

 なまらうまい♡ハート(トランプ)

いっしょに作って、いっしょに食べよう! 参加者募集中!
issyonitukutte.png

チラシはコチラ→issyonitukutte2.pdf
いっしょに作って、いっしょに食べよう! 2019秋 番外[2019年10月11日(Fri)]
 番外編。

 あ、それ、作りたい!って思う人、いるかも。

 NHKの朝ドラをきっかけに話題になったお菓子、帯広市近く音更町の柳月の「あんバタサン」。


 10月8日の記事で「さつまいもの生クリーム添え」を紹介しましたが、それで作った生クリームが余りました。

 私は、ケーキには生クリームだけが付いていればいいと思うくらいの生クリーム好き。

 そして、その日はお彼岸で、カミさんはあんこを炊いておはぎを作っていました。

 私は、あんこで日本酒を吞めるくらい、あんこ好き。

 そして、多分、カミさんの作るあんこは世界一美味い。

 さらに、私は子どもの頃、小樽の「あまとう」でクリームぜんざいを食べて以来、甘い物のミックスの最強は「あんこ×生クリーム」だと思っている。

 これは...。

 思いつきました、美味しいサブレを買いに行きました。

 で、作ったのはコレ。

20190923_151423.jpg

 生クリームとあんこを混ぜた物を、サブレで挟みました。

 サブレは、イオンの六花亭で買った「マルセイビスケット」。

 マルセイバターサンドのビスケット部分です。

 柳月のライバル会社で作っちゃった。

 本当は、きのとやの「札幌農学校」で挟みたかったんだけど。

 うまかった〜。

 さらに思いついて、ラップにくるんで冷蔵庫で一晩寝かせたら、まるでマルセイバターサンドのように、サブレがしっとりしました。

 えーと、ダイエット中...。


 「いっしょに作って、いっしょに食べよう!」参加者募集中!

issyonitukutte-mini.png

チラシはコチラ→issyonitukutte2.pdf
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
リンク集
どれくらい見てくれてる?

ジオターゲティング
プロフィール

ふくトマさんの画像
https://blog.canpan.info/fukutoma/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukutoma/index2_0.xml