CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« お知らせ(保養2019) | Main
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ふくトマ保養支援「この夏…。。 ふくトマ保養支援「この夏…苫小牧へ!2021」[2021年04月18日(Sun)]
 正式募集はまだ先ですが、今年は保養支援を行います。

 募集開始は6月上中旬の予定です。

 日程は7月26日〜8月8日までの間の、9日間(フェリー移動の2日間含む)の予定。

 宿舎は、これまでと同じく苫小牧市内(錦西•すずらん町内会館)の予定。

 募集対象は以下のとおりの予定。(@とAは優先順位)

  @平成27.4.2〜30.4.1に生まれた幼児とその兄弟と保護者。
   (兄弟の年齢は問いません。保護者は1名のみ)
   A上記に当てはまらない小学生以下の子どもとその保護者。
    (保護者は1名のみ)

 支援人数は最大3組(10名内)の予定。

 自己負担額は、中学生以上17000円、小学生8000円、未就学児童無料の予定。


〈新型コロナウィルス についての考え方〉 
 中学生以下の子どもについては、感染しても無症状または発症しても軽症と考えていますので、子どもたちには心配がないと判断し、保養を実施します。
 この考え方の根拠については、「非営利自治支援事務所Pucca」のブログで連載して示していますので、そちらをご参照ください。
(非営利自治支援事務所Puccaの代表とふくトマの代表は同じです)

 滞在中の具体的な対策やスタッフのコロナ対策については、正式な募集告知時に説明します。
この夏、苫小牧へ!2021[2021年02月21日(Sun)]
 コロナウィルスを考慮し、去年は中止した、ふくトマ保養支援ですが、今年は実施する予定です。

 3月14日に、スタッフで話し合い大まかな方針を決めますが、実施に向けての話し合いになります。

 ふくトマの保養は、今年で10年目となりますが、今年が最後になります。

 10年目だからといっても、基本的なスタンスは変わらないんですけどね。

 企画した当初は、2回目以降なんて考えておらず、だから会の名前も「福島の子どもたちを放射能から守ろう2012実行委員会」でした。
 反省会で「これは続けたほうがいいね、改良して」という意見ばかりで、2回目を…。

 でも「10年」とは決めておらず、10年やると決めたのは3回目か4回目か…。

 
 「福島と苫小牧、離れていても、将来、お互いの子どもたちが支え合えるように。子どもたちの未来を美しく守るのは、私たち大人の最大の「しごと」」

 これは、1回目の保養の最終日のブログの最後の文章(2012.11.10記事)でした。


 ところで、私がやっているもう一つの活動「非営利自治支援事務所
Pucca」でコロナに関する学習会を開催します。
 苫小牧及びその近郊でこのブログを見ている方、苫小牧に知り合いがいる方は、リンク先の「非営利自治支援事務所Pucca」のブログをご覧ください〜。
検索
検索語句
最新コメント
リンク集
プロフィール

ふくトマさんの画像
https://blog.canpan.info/fukutoma/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukutoma/index2_0.xml