CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016保養の様子 | Main | フクとまの思い »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
追加募集! 保養支援「この夏...苫小牧へ!2017」[2017年06月26日(Mon)]
保養支援対象者の追加募集です!

 保養支援対象者募集は、6/22で締切りましたが、一組空きが出たので追加募集します。

1 募集数 1組(3人以下。母親と子ども)
      必ず「H23.4.2〜H26.4.1に生まれた幼児」
     が含まれること。
      ※親戚の子、知人の子などは対象外です。
      ※中学生以上は追加募集の対象外です。
      ※既に決まっている家族の構成から、父親は不可。

2 募集期間 6月27日〜7月7日(金) 
       申し込み受付は電話のみ。(最下部に記載あり)
       受付時間13時から20時。
       先着により決定。

3 保養支援期間  
    2017年 7月31日(月)仙台港発
          8月 1日(火)苫小牧港着    
          8月 7日(月)苫小牧港発
          8月 8日(火)仙台港着

4 居住地から苫小牧への交通機関
    居住地から仙台港までの交通機関はご自身で手配して
   いただき、仙台港から苫小牧港までのフェリーの手配は
   当方が代行します。 

5 実費負担及び交通費について
     中学生以上 17,000円  
     小学生 8,000円  
     未就学児以下は無料
    ☆実費負担は、食費、宿泊施設利用費、寝具代、入浴
     料金、消耗品等、滞在中の生活にかかる費用の一部
     を負担していただくものです。この他、こちらが提
     供する以外のおやつや飲物などの購入費及びコイン
     ランドリー使用料は自己負担です。
  ★実費負担については、申し込み受付後に請求書を
     お送りします。
    ※振込手数料はご負担ください。
    ※キャンセルの場合は、当方からの振込手数料を除い
     た額を返金いたします。実費負担

6 その他の事項は、5月28日の記事をご覧ください。

7 注意事項〜以下をよくお読みください。
       ★1項で示すとおり、必ず居なければならない
        年齢の子が居ます。(誕生日に注意!
       ★宿舎は雑魚寝です。
       ★観光を期待する方には向いていません。
       ★朝食作りや掃除は、保養に来た方が中心に行
        います。
       ☆毎日、1家族に1人、担当のスタッフが付き
        ます。
       ☆昼、夕食は、スタッフが作ります。

《申込先》  
  フクとま(フクシマとつながる苫小牧) 石田
    携帯電話 08032917167
    
      
滞在中の日程[2017年05月30日(Tue)]
 苫小牧滞在中の生活をどのようにサポートするか、日程の一例をご案内します。

 これはまだ案の段階なので、変更が有りますのでご承知おきください。

**************************


8 / 1 (火)
仙台港⇒苫小牧到着
オリエンテーション+ママタイム 歓迎会

8 / 2 (水)
バス遠足(高丘浄水場+北大研究林)

8 / 3 (木)
北星公園/(アロママッサージ)

8 / 4 (金)
ママタイム/キッズタイム(いもほり)
北海道vs福島県郷土味比べ

8 / 5 (土)
錦大沼

8 / 6 (日)
バス遠足(アイヌ民族博物館)/送別会

8 / 7 (月)
藍生葉染め/ぷらっと港市場
苫小牧出発⇒仙台港へ
 
フクとまの保養について[2017年05月29日(Mon)]
 保養支援を行ってる団体は、いくつもあります。

 ご自身が考えている保養に一致する支援を行う団体を選んでくださいね。

 フクとまの保養に対する考え方とサポートは次のとおりです。

*****************************

★フクとまの保養に対する考え方 
  フクとまは、保養を「被ばくを避けるための一時避難」とし
 て考えています。
  被ばくについては、「どのくらいまでなら心配ないか」とい
 うようには考えず、もっとシンプルに考えます。
  生物は、長い時間をかけてその土地の環境に適応するように
 身体を作って行き、それは次世代にも引き継がれて行きます。
 もし、その生物が生きる環境に大きな変化があれば、身体にな
 んらかの負担がかかることになるでしょう。
  福島第一原発爆発事故が起きた後、福島県と近隣の多くの地
 域(以下「福島」とします)で空間放射線量がこれまでの2倍
 以上に増えました。そして、今も2倍以上という地域がたくさ
 んあります。身体に何らかの負担がかかっていると考えるのは
 普通のことだと思います。(それが明らかに身体に表れるもの
 かどうかは、次の段階の議論です)
  保養は、一時的に住み慣れたところを離れるので、身体に負
 担をかける面もありますが、それよりも「被ばくをしない」こ
 との方が、身体的にも精神的にもメリットがあると考え、保養
 を行う方を支援しています。(日本のどこに居ても被ばくをし
 ますが、それは原発爆発事故前の福島と同じ状態、すなわち身
 体が適応してきた範囲内です)

★フクとまの保養の支援の特徴
  滞在中も半日は子どもとしっかりと関われる方、合宿形式の
 保養でも問題ない方、観光.的なものがほとんどなくても問題な
 い方に向いたものになっています。
  また、保養期間が1週間と短いため、保養の効果を上げる観
 点から、普段の生活でも、少しでも被ばくを防ぐための対応を
 している方に向いています。
  具体的には次のとおりです。
   ◎幼稚園、保育園相当年齢の幼児が中心。
   ◎一家族に最低一人のスタッフが担当で付く他、全体を見
    るスタッフを数名配置
   ◎朝食は自分たちで、昼夕食はフクとまスタッフが作る。
    (お米、味噌、野菜等の主な食材は、地元のJA、ナチュ
    ラルショップ、福祉施設等から、無償、廉価で提供して
    いただいているので、それを十分活用します。基本は和
    食であり、朝食はご飯と味噌汁です)
   ◎宿舎(町内会館)の掃除はフクとまスタッフも手伝う。
   ◎近くの児童公園でのごく普通の遊びや大自然の麓の森林
    公園での自然を使ったゲームや散策が滞在中の活動。
 
フクとま保養支援「この夏...苫小牧へ 2017」のご案内[2017年05月28日(Sun)]
 2017年度のフクとまの保養支援のご案内です。

 今年のフクとまの保養支援は、以下のとおりです。

 申込受付は6月3日からです。
 それまでのお問い合わせはメールでのみ受け付けます。


7月3日追加募集締切りました!
現在キャンセル待ちの受付中です。


************************
 
フクとま保養支援「この夏...苫小牧へ 2017」

1 支援対象者  
(1)年齢   
   2011(H23).4.2〜2014(H26).4.1に生まれた幼児と
  その兄弟と保護者。
  (保護者は最大2名まで。例えば親と祖父母の2世代が
  参加することはできません)
(2)居住地域 
   福島県及びその近郊で、現在の空間放射線量が
  0.07μSv/h(苫小牧の最大値)を上回っている地域に、
  現在住んでいる方。
(3)募集数  
   最大4組(親を含め10〜12名程度)
(4)日常生活で何らかの配慮を必要とする方は、申し込み時
  に、あらかじめご相談ください。

2 支援期間  
    2017年 7月31日(月)仙台港発
          8月 1日(火)苫小牧港着    
          8月 7日(月)苫小牧港発
          8月 8日(火)仙台港着

3 支援内容  
    5/29掲載「フクとまの保養(一時避難)について」
   及び5/30掲載「滞在中の日程例」をご覧ください。
    なお、日程例の内容は現時点での基本的なものです。

4 居住地から苫小牧への交通機関
    居住地から仙台港までの交通機関はご自身で手配して
   いただき、仙台港から苫小牧港までのフェリーの手配は
   当方が代行します。 

5 実費負担及び交通費について
(1)実費負担(全実施期間をとおして) 
     中学生以上 17,000円  
     小学生 8,000円  
     未就学児以下は無料
    ☆実費負担は、食費、宿泊施設利用費、寝具代、入浴
     料金、消耗品等、滞在中の生活にかかる費用の一部
     を負担していただくものです。この他、こちらが提
     供する以外のおやつや飲物などの購入費及びコイン
     ランドリー使用料は自己負担です。
  ★実費負担については、申し込み受付後に請求書を
     お送りします。
    ※振込手数料はご負担ください。
    ※キャンセルの場合は、当方からの振込手数料を除い
     た額を返金いたします。

6 申し込み及び支援対象者の決定について
(1)申し込み受付
    2017年6月3日(土)〜6月22日(木)
    ★受付時間 13時〜20時
    ※6/4の「ほよ〜ん相談会」会場(二本松市)では、
     11時から受付。
    申込先 携帯08032917167
        (電話以外では申し込みをお受けできません)
    担当  石田(都合により電話に出られない場合、担当
       が変わる場合があります)
(2)支援対象者の決定
    6月24日(土)13時〜16時に連絡します。
    (申込が定員を超えた場合は、申込者の世帯構成などを
    考慮して決定します)なお、キャンセルする場合は、で
    きるだけ早く連絡してください。

《お問い合わせ》  
  フクとま(フクシマとつながる苫小牧) 石田
    携帯電話 08032917167
    Eメール(PC) pucca-fukutoma@asahinet.jp
    ※携帯等で、PCからのメールの受信拒否設定をしている
     方は解除してください。

今年も「ほよ〜ん相談会(保養相談会)」に参加します![2017年05月26日(Fri)]
 「ほよ〜ん相談会」(主催311受入全国協議会)に今年も参加します。

 今年は、苫小牧から派遣する、いつもの室崎と、

今年から開設した「フクとま福島出張所」の2名(いわき会場では1名)が参加します。

 日程は以下のとおりです。

 会場でお待ちしています!
 
 フクとまの保養支援の対象は、

「幼稚園・保育園相当の年齢の子どもとその兄弟と保護者」。

 詳細は、明日か明後日のブログでご案内できると思います。

 まずは、「ほよ〜ん相談会」のご案内。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

【日程と会場】

★2017年6月3日(土)

 浜通り相談会(いわき市)13:30〜17:00

 会場:いわき市生涯学習プラザ4階
    (いわき市平字一町目1番地 ティーワンビル)


★★2017年6月4日(日)

 中通り相談会(二本松市)11:00〜15:00

 会場:福島県男女共生センター1階
    (福島県二本松市郭内一丁目196-1)


 311受入全国協議会HP
2017年度(平成29年度)の保養決定![2017年05月05日(Fri)]
 やー、10ヶ月近く更新してなかった。

 去年の様子もまったく掲載してなかったね。

 それは、これからおいおい載っけて行くとして。

 今年もみなさんの保養を支援することになりました。

 期間は次のとおり。

平成29年7月31日(月) 仙台港出発
      8月 1日(火)〜7日(月)苫小牧滞在
               (7日夜 苫小牧港出発)
      8月 8日(火) 仙台港着

 会場は、一昨年、去年と同じ、錦西すずらん町内会館。


 保養の支援対象者の募集は、6月3日(土)から。

 追って、詳細を載っけて行きます。
 
検索
検索語句
最新コメント
リンク集
どれくらい見てくれてる?

ジオターゲティング
プロフィール

ふくトマさんの画像
https://blog.canpan.info/fukutoma/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukutoma/index2_0.xml